画像: アクション宣言! 佐々木蔵之介さん(俳優)

第65回 6.28OAより

家は蔵元、なぜ役者の道に!?
実家が酒蔵。会社勤め。そんな状況からなぜ役者に?

「大学の演劇サークルから芝居を始めていまして。農学部だったのでそのまま家業を継ごうと思っていたんですが、うちはメーカーなので売り方を勉強したほうがいいんじゃないかと思って広告代理店に入ったんです。それで何年かしてから家に入ろうと思っていたんですけど東京の劇団から客演の依頼があって、1カ月稽古で本番が2カ月。3カ月休めと言われました。それはさすがに無理なんで、お断りしたんですが、しばらくしてから、“やっぱりこのままでは終わらせられないな”と思って、会社を辞めて役者をやろうと決めました。もちろん家業を継ぐのもあきらめてもらいました。直属の上司は“休め”って言ってくれたんですけどね」

 そして芝居の道へ。

「今まで劇団をやっていたんで。その道に行こうなんて深くは考えていなかったんです。もっと先のことを考えたら役者の道なんて絶対に選ばないと思います」

 2〜3年やってみてダメだったら継ぐ、という考えにならないところが潔い。

「両親も弟も“すぐ帰ってくるだろう”と思っていたらしいんです。でもそれで帰ってしまったら、違うと思うので、もう絶対に戻らないとは思っていました」

 そして話題は今年3月に挑戦した『スーパー歌舞伎II』のお話に。

This article is a sponsored article by
''.