おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?

画像: 今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 さかな玄菜(新宿)

写真:穴子うす造り 楽盛コースより

 今回は探偵の大好きなものの専門店があるとのタレコミがあり調査してきた。その大好きなものというのは“穴子”。カニとかイカとかカキとか、魚介の専門店はちょこちょこあれど、穴子って珍しくない? ということで、早速新宿にあるその店に乗り込んだ。


 専門店ではとりあえずコースを頼むのが探偵流。なぜなら同じ素材のものを飽きさせないように料理し、ベストな順番で出してくれると思うから。そこで「楽盛コース」3800円なりをオーダー。すると大将がコースとは別に一品料理で「のれそれ」をすすめてくれた。これは穴子の稚魚で、入荷しないこともあるため、ぜひあったら試してほしいとのこと。生後1カ月というそれは、透き通っていて、目がついている。かわいーと言いながらパクリ。ねっとりと舌に絡みつくそれはクラゲのようであり、白魚のようであり、なんともいえない食感。でも確かに魚独特の甘みがあり、前菜としては次の料理が楽しみになる一品だ。今回いただいたコースなのだが、ざざっとメニューを紹介すると「旬野菜〜穴子の山かけ」「酒肴盛り三種」「穴子うす造り」「春野菜と穴子焚き合せ」「天ぷら盛り合わせ」「煮穴子の炙り焼き」「穴子茶漬け 香の物」「デザート」。どうっすか、これ。まさに穴子づくし。中でも探偵が気に入ったのが、「穴子のうす造り」。これを梅肉とわさび醤油でいただくのだが、脂ののりが半端ない。噛めば噛むほど脂の旨みと甘みが増してきて飲み込みたくない! このガムがあったら、絶対買う! 目の前でさばかれた新鮮な活き造りだからなのか、その弾力はスーパーボール級(例えね、例え)。そしてその穴子を熟成させたものと、炊いた穴子をにぎり寿司で食べ比べ。なんて楽しい趣向なんだ!熟成させた穴子はとろりと甘く、軽く絞ったすだちの爽やかさとともに、探偵の口を幸せにしてくれる。その後もコースを堪能し、穴子茶漬けへ。旨みが凝縮した天日干しの穴子に穴子の出汁をかけ、海苔と三葉を散らしたものに添えられたわさびを溶いていただく。ものすごい弾力の穴子からでる旨み。自分、今まで無知でした。穴子料理は奥が深い! とにかく穴子づくしを堪能できる店に認定!

1.にぎり鮨(煮穴子・生物) 楽盛コースより 2.のれそれ(ポン酢)750円 3.穴子の出汁茶漬け 楽盛コースより

さかな玄菜
【住所】新宿区西新宿7-10-20第2日新ビル1F【電話番号】03-3371-5661【営業時間】月〜金 11時30分〜14時、17〜23時30分(L.O.22時30分)/土 17〜23時(L.O.22時)【定休日】日・祝 ※コースの内容は日によって変わります

This article is a sponsored article by
''.