画像: 【西新宿】シルクロード・タリム ウイグルレストラン 悠久の歴史が今に伝える羊肉&麺料理を堪能!

1.ズク カワプ(シシカワプ。羊肉の串焼き)1本200円(2本から注文)2.タリム・ラグメン中980円 大1280円 3.ゴシ ナン(ウイグル風ミートパイ) 780円


 本場のウイグル料理を味わうことができる、都内唯一のウイグル料理店。「ラグメンというウイグルを代表する麺料理があるんですが、約2500年前の麺の化石がウイグルから発見されており、仏教とともにウイグルから日本に伝わったという説があるんですよ」と教えてくれたのはオーナーのスラジディン・ケリムさん。


「ウイグルの麺は手打ち手延べ。日本に渡って、手打ちはさぬきうどんに、手延べはそうめんに生かされたのではといわれてます」。コシがあってもちもちしたラグメンの麺は確かに日本人も大好きな食感。小麦粉と水、塩しか使わないというシンプルさだが羊肉と野菜のあんとの相性抜群。他にも、ジューシーで柔らかい羊肉を本国から取り寄せたスパイスをまぶし香ばしく焼き上げた串焼き・ズクカワプ、羊の肉を詰めたサクサクでジューシーなパイ・ゴシナンなど、羊を使ったウイグル料理は数多い。


「ウイグル人はもともと羊とともに生きた遊牧民。他の動物よりも羊は病気が少ないことや羊肉がヘルシーなことを知っていました。そこから農耕民となったときに水の少ないところでも育つ小麦を育てたことで麺料理が生まれたんです」。羊と麺料理はウイグルの歴史が世界に伝える食文化だ。「うちの料理はすべてハラルです。ハラルの羊料理は適切に血抜きをしているのでいやな臭みがないんですよ」。ちなみにウイグル語で“おいしい”はオフシャプトゥまたはマジリク。歴史ある料理ととともにウイグル文化に親しんでみて。

ラグメンは注文ごとに1本の麺を手延べする。カウンターからその職人技を見ることができる


『シルクロード・タリム ウイグルレストラン』
【住所】新宿区西新宿3-15-8 西新宿パールビル1F【時間】17〜24時【休】月曜【問い合わせ】03-6276-7799【備考】料理メニューはすべてハラル

This article is a sponsored article by
''.