画像: 【中目黒】ウルトラチョップ 炭火で焼き上げるラムチョップを1本からオーダー

1.店の看板メニュー〈ウルトラチョップ〉。レギュラーと柚子胡椒は1p480円、トリュフマスタードは1p580円 2.〈新鮮野菜のウルトラバーニャカウダ〉980円 ラムチョップは1本1本炭火で焼き上げる 3.〈ウルトラチョップカレー〉。東京スパイス番長のシャンカール・ノグチとコラボしたラムバターカレー。1280円

 極上のラムチョップを1本から気軽にオーダーできる隠れ家的人気店、その名もウルトラチョップ。看板メニューのラムチョップのおいしさに導かれ、今では中目黒店の店長を務める松井さんいわく「僕の人生を変えたラムチョップです」。使用するラム肉は、ストレスの少ない環境で育てられたニュージーランド産の1歳未満の最高級ラム肉。それを1本1本、炭火でグリル。表面と側面は香ばしく、中はジューシーに、炭火の火加減を見ながら丁寧に焼き上げていく。一口かじりつけば、ラム肉のうまみが引き立つ香ばしさと柔らかさに思わずうっとり。「最初は1本オーダーしてみて、2本目、3本目と追加注文する方が多いです(笑)」と松井店長。確かに全3種類はどれも試すべき。クリスマス島の塩と胡椒がラム肉ならではの美味しさを引き出す〈レギュラー〉、大分県中津江から取り寄せた柚子胡椒でさっぱり頂く〈柚子胡椒〉、ヨーロッパの老舗・マイユのマスタードを使った〈トリュフマスタード〉。3つの味わいでラムチョップの奥深さを感じるはず。


 さらにこちらでは、ラム肉を使った〈ウルトラチョップカレー〉もおススメ。他にも、女子会なら〈新鮮野菜のウルトラバーニャカウダ〉はオーダー必須。見た目もさることながら、自家製のクルミ入りソースがヤミツキ間違いなし。


“お通し”で出されるメゾンカイザーのバゲット(チャージ料480円に含まれる)がお替り自由なのもうれしい。名物ラムチョップを、おいしい料理やワインとともに気軽に楽しめるお店。桜の季節には一層の混雑が予想されるので予約はお早めに!

『ウルトラチョップ』
【住所】目黒区青葉台1-17-2 青葉台117ビル 1F【時間】17〜23時30分(LO23時)【休】不定休【問い合わせ】03-3464-1262【備考】フェイスブックやHPにはお得な情報も随時アップされるので予約時にチェックして。http://www.ultrachop.jp/

This article is a sponsored article by
''.