レハール『メリー・ウィドウ』

上映】2015年2月21~27日【上映時間】2時間57分(休憩1回)

met01.jpg

©Anne Deniau/Metropolitan Opera


『メリー・ウィドウ』は、パリを舞台にリッチな未亡人に国の命運をかけた紳士たちが繰り広げる恋の騒動を描く、ロマンティック・コメディー。〈ヴィリアの歌〉〈メリー・ウィドウ・ワルツ〉といった名曲を持つ、人気のオペラだ。

 来年1月に行われる公演では、METの人気歌姫ルネ・フレミングとブロードウェイのスターのケリー・オハラによる豪華競演や、トニー賞に輝く女流演出家スーザン・ストローマンによる新演出が、話題を呼んでいる。曲の美しさやストーリーの面白さもさることながら、舞踏会やキャバレーの場面などのダンスシーンなど、歌劇のゴージャス感を味わえる華麗な場面も多いので、ビギナーにもお勧めの作品。

 本作を手掛けたフランツ・レハールはオーストリア、ドイツを中心に活躍した名作曲家。美しい旋律を手掛けることが多く映画の音楽になっていることも。本作の〈ヴィリアの歌〉はルキノ・ヴィスコンティ監督作『ベニスに死す』で使われている事でも有名。


オッフェンバック『ホフマン物語』
【上映】2015年3月7〜13日【上映時間】3時間40分(休憩2回)
met03.jpg“酔いどれ詩人”ホフマンを主人公に芸術家の叶わぬ愛とそこから生まれる霊感を描いた、オッフェンバックの傑作オペラ。〈ホフマンの舟歌〉をはじめとする名曲と幻想的な舞台に注目。©Marty Sohl/Metropolitan Opera


チャイコフスキー『イオランタ』
【上映】2015年3月28〜4月3日【上映時間】3時間39分(休憩1回)
met04.jpg盲目の王女の劇的な運命を綴った、チャイコフスキー晩年の傑作オペラ。巨匠指揮者・ゲルギエフと美しき天才歌姫・ネトレプコのコンビでMET初演。バルトークの『青ひげ公の城』と2本立てで上映。
©Baden-Baden Festival Photo: Andrea Kremper



レオンカヴァッロ『道化師』
【上映】2015年5月23〜29日【上映時間】3時間30分(休憩1回)
met05.jpg溺愛した妻に裏切られた道化師の苦悩を描いたイタリアオペラ。現代最高のドラマティック・テノール、マルセロ・アルヴァレスが人間の本性を歌い上げる!『カヴァレリア・ルスティカーナ』と2本立てで上映。

This article is a sponsored article by
''.