画像: 撮影・神谷渚 今だからこそみんなに見て、そして考えてほしい作品。手塚治虫の『アドルフに告ぐ』6月に舞台化 手塚治虫が第二次世界大戦前後のナチスの興亡の時代のドイツと日本を舞台に描いた歴史漫画『アドルフに告ぐ』が6月に舞台化される。演出は『火の鳥』『ブッダ』といった手塚の演出を手がけてきた栗山民也。今回、主演を務める成河と物語の重要な鍵を握る役を演じる鶴見辰吾に話を聞いた。 物語は「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男たちを中心に展開する。時代は第二次世界大戦前後、といえば、一人はもちろんドイツのヒトラー総統。残りの2人は日本の神戸で幼なじみとして育ったドイツ人で日本人とのハーフであるアドルフ・カウフマンとユダヤ人のアドルフ・カミル。「ヒトラーがユダヤ人の血を引いている」という機密文書を巡り、登場人物たちはさまざまな歴史的事件に関わり、そして運命のいたずらに翻弄されていく。 カウフマンを成河、ストーリーテラーとして物語に関わっていく日本人記者・峠草平を鶴見辰吾が演じる。 まずこの作品を読んだことは? 鶴見「だいぶ昔に。手塚の作品は結構よく読んでいましたので」 成河「僕は小中学生の時に読みました。この作品は図書館に置いてあったと思います」 鶴見「へえ、図書館に?」 成河「最近改めて読んだんですが、当時は半分も分かってなかったなって思います」 鶴見「僕はまだ読んでない(笑)。どんな形で読み返そうか考えているところ。電子書籍で読もうかとか。それによっては受けるイメージも変わるような気もしているんです。昔はハードカバーの分厚い本で全4巻。結構高かったんだけど、それを買って読んだんですよね」

撮影・神谷渚

今だからこそみんなに見て、そして考えてほしい作品。手塚治虫の『アドルフに告ぐ』6月に舞台化

 手塚治虫が第二次世界大戦前後のナチスの興亡の時代のドイツと日本を舞台に描いた歴史漫画『アドルフに告ぐ』が6月に舞台化される。演出は『火の鳥』『ブッダ』といった手塚の演出を手がけてきた栗山民也。今回、主演を務める成河と物語の重要な鍵を握る役を演じる鶴見辰吾に話を聞いた。

 物語は「アドルフ」というファーストネームを持つ3人の男たちを中心に展開する。時代は第二次世界大戦前後、といえば、一人はもちろんドイツのヒトラー総統。残りの2人は日本の神戸で幼なじみとして育ったドイツ人で日本人とのハーフであるアドルフ・カウフマンとユダヤ人のアドルフ・カミル。「ヒトラーがユダヤ人の血を引いている」という機密文書を巡り、登場人物たちはさまざまな歴史的事件に関わり、そして運命のいたずらに翻弄されていく。

 カウフマンを成河、ストーリーテラーとして物語に関わっていく日本人記者・峠草平を鶴見辰吾が演じる。
 まずこの作品を読んだことは?

鶴見「だいぶ昔に。手塚の作品は結構よく読んでいましたので」
成河「僕は小中学生の時に読みました。この作品は図書館に置いてあったと思います」
鶴見「へえ、図書館に?」
成河「最近改めて読んだんですが、当時は半分も分かってなかったなって思います」
鶴見「僕はまだ読んでない(笑)。どんな形で読み返そうか考えているところ。電子書籍で読もうかとか。それによっては受けるイメージも変わるような気もしているんです。昔はハードカバーの分厚い本で全4巻。結構高かったんだけど、それを買って読んだんですよね」

http://www.tokyoheadline.com/vol638/interview.16663.php

This article is a sponsored article by
''.