画像: 地方創生成功の鍵は地方の主体性と情報発信 石破茂 地方創生担当大臣

「日本を元気に」をスローガンに各界のキーパーソンにお話をうかがってきた「JAPAN MOVE UP!プロジェクト」。今回は石破茂 地方創生担当大臣に「地方創生」について語ってもらった。(聞き手・一木広治)

 地方創生担当大臣に就任後、積極的に地方へ足を運んでいる印象があります。その中で、大臣が注目しているモデルケースはありますか?

「島根県隠岐の島の海士町、鹿児島県鹿屋市の『やねだん』、JR九州のクルーズトレイン『ななつ星in九州』、ふるさと納税の北海道上士幌町といったところが有名です。そのような好事例は、日本中の至るところにあるんです。今回の地方創生は、これまで点在していたものを“日本全国一斉にやるぞ!”という取り組みです。過去にも『日本列島改造論』や『ふるさと創生』という取り組みがありましたが、どちらも中央(国)から地方に何か働きかける、という話でした。今回の地方創生は、何をやるかは地方で考えて頂き、国は情報、財政、人的な面で支援をします。高度経済成長期、地方の経済を支えてきたのは公共事業と企業誘致で、どちらも東京から何かを持ってこようという発想でした。しかしその時に、“自分たちの町にはどういう事業が必要か?”といった詳細な分析があったかというと必ずしもそうではなかった。今回は、まず“自分の町がどのような状態なのか?”を把握し、それを踏まえて“ではどのような取り組みが必要か”を議論し分析するということを、産官学金労言(産業界・行政・高等教育機関・金融機関・労働団体・言論界)みんなでやってください、ということなんです。主役は、地方です。地方自治体が作る地方版総合戦略には、KPIという数値目標を設定し、PDCAできちんとチェックをして、みんなが参画する。そこが今までとは全然違うわけです。全国一斉に取り組むので、他の地域と比較されます。こうなると市町村長たちは本当に頑張らなきゃいけない。隣りの町はうまくいっているのに、うちの町は全然ダメだ、となったらまずいですから」
http://www.tokyoheadline.com/vol639/interview.16744.php

This article is a sponsored article by
''.