画像: 撮影・神谷渚 http://www.tokyoheadline.com/vol639/sports.16772.php

撮影・神谷渚 http://www.tokyoheadline.com/vol639/sports.16772.php

ダイノジ 大谷ノブ彦

 少年時代から熱を持って野球を見続けている、ダイノジの大谷ノブ彦。根っからの中日ファンとして知られる彼だが、今年は横浜DeNAベイスターズに熱視線を送っている。きっかけはパーソナリティーを務めるラジオ番組『キキマス!』。昨年ベイスターズを取り上げたらリスナーから熱いメールが山のように送られてきた。

「“ベイスターズのためにCSをなくさないでほしい”だとか、中畑清監督の次は3位を目指しますっていうスピーチにすごく盛り上がったとか……なんか、みなさんが自虐的で面白いんです。悪い女につかまって別れられないみたいな感じなんですよね。それがきっかけになって、今シーズンは番組をあげてベイスターズを応援していこうと決めました。それから僕もベイスターズについての本を読んだり、2月には沖縄キャンプも自腹で見に行って中畑監督が朝の散歩で歌うのも見ました。いろいろジーンとしちゃってね。ノック練習を終えた選手に“ありがとうございます”っていうのは監督じゃなくて来てくれたお客さんに対してだろってスタンドに向かってあいさつするように促したりするのなんか見たら……もう、ベイスターズが大好きになっちゃった」

 野球にもいろいろな見方があるが「今シーズンは“物語”かな」と、大谷。

続きは…http://www.tokyoheadline.com/vol639/sports.16772.php

 パーソナリティを務める『大谷ノブ彦 キキマス!』(ニッポン放送、月〜木、13〜16時)が放送中。番組をあげて、横浜DeNAベイスターズを応援するほか、水曜日のキキマスター!を務める森脇健児のパ・リーグ話も熱い。番組公式サイト(http://www.1242.com/program/kikimasu/)。

This article is a sponsored article by
''.