画像: 撮影・島本優 http://www.tokyoheadline.com/vol640/interview.16864.php

撮影・島本優
http://www.tokyoheadline.com/vol640/interview.16864.php

『Zipper』『mer』といったファッション誌のモデルとして大人気の三戸なつめがこの春、歌手&女優としても本格始動。先日は中田ヤスタカ(CAPSULE)プロデュースのもとデビューシングル『前髪切りすぎた』をリリース。映画『恋する♡ヴァンパイア』でも、モデル・歌手・女優という多彩な魅力を発揮している。出演に加え主題歌『コロニー』も担当する。

「主題歌を任されるだけでもすごいのに、出演もと聞いて“どうしよう!?”って思いました(笑)。実は桐谷さんとは同じ年なのでお会いするのがすごく楽しみだったんです。でも実際にお会いしたら素敵すぎて目を合わせることもろくにできなくて。演技のときしか、お顔を凝視できませんでした(笑)。映画の現場は初めてということもあり緊張しました」

 そう言いつつも、劇中のミュージカルシーンではギターを片手にアーティストの才能もイキイキと披露。

「あのシーンが一番緊張しました(笑)。大勢の人の前でギターを弾きながら歌うのはあれが初めてだったんです。汗めっちゃかきました(笑)。ただ、歌手になる夢をあきらめていた哲が変わろうとする大事な場面なので、歌詞と映画のイメージを頭に入れて気持ちを込めて歌おう、と。撮影前に戸塚さんから “1回、合わせましょう”と言ってくださって。練習のおかげで緊張が少しだけほぐれたので本当に助かりました。(笑)」

 衣装でも才能が生かされていた。

「もともとモデルをやっているときからセルフコーデした私服で撮っていただいていたんですが、今回も私の衣装は自分で組んだコーデで、と言っていただいたのがうれしかったです。ステージの場面などでは劇中衣装ですがカフェで着ているのは私服なので、ファンの方が見たら“この服、知ってる”となるかも(笑)」

“今の三戸なつめ”の魅力を知る、いいとこどりの一本だ。

画像: ©恋する♡ヴァンパイア フィルムパートナーズ

©恋する♡ヴァンパイア フィルムパートナーズ 

『恋する♡ヴァンパイア』
監督:鈴木舞 出演:桐谷美玲、戸塚祥太(A.B.C-Z)他/ファントム・フィルム配給/4月17日より全国公開 love-vampire.com

This article is a sponsored article by
''.