画像1: 地方創生、岡山ムーブアップ!

 地方創生、岡山ムーブアップ!が、いよいよ本格始動。
発信に向けた打合せ。岡山選出の加藤官房副長官にも参加してもらいます!

画像2: 地方創生、岡山ムーブアップ!

自分は何をしたいのかをしっかり見極め、その実現まで努力し続けることが大事

加藤勝信 内閣官房副長官に聞く

東京から日本を元気に!TOKYO MOVE UP! SPECIAL INTERVIEW

2012年に行われた第46回衆議院議員総選挙で岡山5区から出馬し、4回目の当選を果たした加藤勝信衆議院議員。同年12月に発足した第2次安倍内閣では内閣官房副長官に起用され、今年9月に行われた内閣改造でも引き続き現職を任された。岡山県地元選出の加藤副長官に安倍政権のこと、地元・岡山の話などをうかがった。(聞き手・一木広治)

——最近では地方創生ということが盛んに言われていますが、「TOKYO MOVE UP!プロジェクト」ではそれに先駆け2013年1月から、「岡山から日本を元気に」というテーマを掲げ、「OKAYAMA MOVE UP」という活動をしています。加藤さんからみて、地元・岡山のポテンシャルや今、岡山がやるべきことを聞かせてください。

「もともと地方創生の議論が出てきたのは、元総務大臣の増田寛也氏が代表を務める日本創生会議が出されたリポートがきっかけでした。それは“2040年までに896の自治体が消滅する”というショッキングなもので、岡山も、私の選挙区もほとんどがその対象でした。そういう数字が具体的に出されたということは非常に大きかったのですが、私はこの5〜10年活動をしながら、そういう流れも感じていましたし、地域の人も身近に感じていましたから、そんな中でいかにそれぞれの地域を残していくのかということが肝心であると思います。岡山は中山間地域が多いのですが、そうした山々では田んぼが荒れてしまい、3年経つと林や山に戻っているわけです。そういう状況を目の当たりにして、田畑でお米などを作ってきた先代や先々代の人たちの思いというものをどう継承していったらいいのかということを常に思っていました。そういう中でこれから取り組むべきポイントのひとつは今、議論になっていますけれども、農業です。岡山の場合は特にピオーネをはじめ果物などがあり、それなりに収入もあります。あとトマトもですね。もともとブランドもありますし、力を入れている地域もあるので、UターンだけでなくIターンで多くの方々が戻ってこられているという面があります。また、圧倒的に災害が少ないということがあります。地震も少ないんですけど、トータル的に災害が日本一少ない地域なのです。そういうこともあってか、距離が遠い割には被災した東北から来られている方が多いのです。そういう意味では、外から見ると、いろいろな意味で魅力がある地域であると思っています」

続きは…http://www.tokyoheadline.com/vol630/interview.15845.php

This article is a sponsored article by
''.