画像: http://www.tokyoheadline.com/vol640/culture.16889.php

http://www.tokyoheadline.com/vol640/culture.16889.php

 圧倒的なギターサウンドでリスナーの度肝を抜き続ける、MIYAVI(みやび)が放つニューアルバム。前作から約2年ぶりとなる本作でもまたハートを射抜くギターリフがさく裂している。人とは違い、異端であること、カテゴライズできない存在で、孤独。そんなコンプレックスを「らしさ」として受け入れつつ活動を展開してきた彼の気迫を込めた作品であることがタイトルからも伝わってくる。全編から響き渡るのはギター・ロック・ダンス・ミュージックの新機軸。ダンスフロアにいるのでもないのに、自然と体を突き動かすリズムとグルーヴが詰まっている。

 彼のギターは海外アーティストの心も揺さぶる。本作にはフジロックフェスティバルで出会い交友を深めたという、元THE MUSICのロブ・ハーヴェイが参加した『Unite』を収録。制作陣にもグラミー賞を受賞したプロデューサーのDREW & SHANNONを始め、ブライアン・マロウフなどが名を連ねている。タイトル曲を含め全11曲を収録。エネルギーを注入される1枚だ。

[J-POP ALBUM]UNIVERSAL MUSIC / VIRGIN RECORDS 4月15日(水)発売 初回生産限定盤(CD+DVD)4500円、通常盤3000円(ともに税別)

This article is a sponsored article by
''.