画像: もはやまんパク名物〈いばらき食文化研究会 酒趣〉の『メロンまるごとクリームソーダ』900円 〈札幌 九兵衛〉の『とろサーモンといくらの親子丼 』1500円

もはやまんパク名物〈いばらき食文化研究会 酒趣〉の『メロンまるごとクリームソーダ』900円
〈札幌 九兵衛〉の『とろサーモンといくらの親子丼 』1500円

 音楽フェスの飲食エリアで名物化している“フェス飯”や、全国の物産展、イベントで話題を呼んだ店が集結する、名物フードフェス・まんパクが5回目の開催となる。まんパクといえば、フェス飯からご当地グルメ、デザートまでいろいろなジャンルの“おいしいもの”が集まるのがお楽しみ。
 今年は例年までの「ご当地」「ワールド」「ラーメン」「餃子」「からあげ」「スイーツ」「物産」「たまエリア」の8エリアに加え、昨年の『まんパクin万博』で好評だった「海鮮」エリアが東京開催に初登場。〈九兵衛〉や〈かき小屋〉などの人気メニューをはじめ、初出店となる〈蟹と海老の専門店 かじま〉など、選りすぐりの海鮮グルメにも注目だ。開催期間中の土日(計6日)には高級魚解体ショーが行われ、さばいた高級魚はそのままマグロ丼やクエ鍋などの絶品料理として提供されるので、お見逃しなく。

 また会場内には、今年もオフィシャルレストランがオープン。フードフェスでは不足しがちな野菜メニューも用意するほか、豪快なグリル料理やお酒も楽しめる。静岡のクラフトビール『御殿場高原ビール』 (14〜24日まで)が初出店となる。

 本フェスは入場チケットが必要。前売・当日、平日・休日で価格が異なる。

画像: 【食フェス大合戦】『まんパク』

【期間】5月14日(木)〜6月1日(月)【時間】10時30分〜21時(最終日は18時閉場)【入場料有り】平日500円 土日800円【会場】立川・国営昭和記念公園みどりの文化ゾーン 【URL】http://manpaku.jp/

This article is a sponsored article by
''.