画像: 神戸ビーフがもつ芳醇な香りと肉本来の味を生かす特選タレで丁寧に焼き上げた焼き肉丼

神戸ビーフがもつ芳醇な香りと肉本来の味を生かす特選タレで丁寧に焼き上げた焼き肉丼

“肉”や“うどん”などのようにテーマを限定したフードフェスは少なくないが、こちらのフェスではジャンルをさらに絞って“和牛”に限定。日本各地のブランド和牛の生産団体が、和牛のおいしさをアピールしようと企画された、肉好き必見のイベントだ。

 出店するのは、いわて南牛振興協会〈いわて南牛〉、JA鹿児島県経済連〈鹿児島黒牛〉、神戸肉流通推進協議会〈神戸ビーフ〉、仙台牛銘柄推進協議会〈仙台牛〉、米沢牛銘柄推進協議会〈米沢牛〉。この有名銘柄の生産団体が直接提供する“本物”の和牛を味わい、食べ比べることができる。

 注目したいのは、この“食べ比べ”という点。こちらのフェスでは5月2日までは牛丼、3日から10日までは焼き肉丼という料理で、各ブランド牛を提供。同じ料理を食べ比べることで、それぞれの肉の特徴、おいしさの違いを感じることができる。神戸ビーフや米沢牛といったセレブな和牛たちを、シンプルにして奥深い牛丼&焼き肉丼という料理で堪能する。それぞれ丼は1杯1000円の食券制とシステムもシンプルなので、より公正な感覚で食べ比べができそう。グルメリポートでおなじみの彦摩呂が大牛肉博の応援団長として参加する他、鹿児島黒牛のPRキャラクター・ギュージンガーブラックも来場予定。

画像: 高品質の仙台牛と、じっくり炊き込んだ玉ネギとゴボウを合わせた牛丼

高品質の仙台牛と、じっくり炊き込んだ玉ネギとゴボウを合わせた牛丼 

【期間】開催中〜5月10日(日)【時間】11〜22時(LO21時)【会場】新宿中央公園 【URL】http://wa-gyu.info/

This article is a sponsored article by
''.