画像: 浸みるグルーブと浸みるメロディー「The Magic Whip」Blur

 90年代にブリットポップの狂乱のなかで軸として存在。それが静かに終焉を迎えるもジャンルに捕らわれずに独自の音楽を追求し存在感を示し続けてきた英ロックバンドのブラー。メンバーの離脱や復帰、それぞれのメンバーが個人のプロジェクトに集中するなどいろいろな時期を経て、ついにオリジナルの4人編成で最新アルバムを完成。前作から約12年ぶり、4人編成では16年ぶり。

 本作は2013年のツアー中、5日間の休日に香港・九龍のスタジオでレコーディングされたものを元に、ブラーの作品を手掛けてきたプロデューサーのスティーヴン・ストリートと一緒に取り組んだ。メンバーが同じ方向を向いて作り上げられた本作には、ちょっとしさ寂しさや孤独、“ふざけ感”や“照れ隠し感”がちらほら。力強いギターサウンドも心を震わせる。

[ROCK ALBUM]ワーナー 4月29日(水)発売 2457円(税別)

This article is a sponsored article by
''.