画像: 【写真上】卜部(左)のフックがボディーにグサリ 【写真下】山本は得意の左のキックで神戸を翻弄した(撮影・荒木理臣)

【写真上】卜部(左)のフックがボディーにグサリ 【写真下】山本は得意の左のキックで神戸を翻弄した(撮影・荒木理臣)

 立ち技格闘技「Krush.54」が4日、東京・後楽園ホールで開催され、メーンで行われたKrush-60kg級タイトルマッチで、王者の卜部弘嵩が挑戦者ヘルマン・タブエンカを3R1分44秒、KOで破り初防衛に成功した。

 卜部は1Rのゴングが鳴るやリングのセンターを占拠し、プレッシャーをかける。この姿勢は最終ラウンドまで続き、常に先手を取って攻め続けるのは卜部。ヘルマンのガードが固いとみるや、ボディーフックの連打に移行。しのいだヘルマンが前に出て来た時にはカウンターのフックで迎撃とスキのない攻撃を見せる。時折、危険な距離でパンチを食らう場面もあったが、3Rには右の飛びヒザでぐらつかせたところにフックの連打で1度目のダウンを奪う。なんとか立ち上がったヘルマンだったが、卜部がコーナーに詰め、パンチの連打を見舞うと、右手を上げ、戦意喪失のポーズからしゃがみこみダウン。レフェリーが止め、3R1分44秒、KOで試合を決めた。

 卜部は試合後の会見で「KOじゃないとKrushのチャンピオンじゃないので、KOできて良かった。本当はKOは狙っちゃいけないんだけど、今日は最初から狙っていた。最後は強引にKOに持ち込んだ。60kgの世界の中心は自分だと思っているので、Krushのチャンピオンとしてこのまま突っ走りたい」と語った。

 途中、危険な間合いでヘルマンのパンチを食らった場面については「あの距離じゃないとKOが狙えなかった。(K-1で敗れた)1月18日から今日まで、あの距離でもディフェンスができて、攻撃もできる練習をしてきたので、マットに沈める自信はあった」と振り返った。

 そして「4月のK-1で王者の功也がエルナンデスと戦っていたのを見て、全然つまらないと思ったので、やっぱり俺じゃないとダメだなと思ってます。60kgの世界の中心は自分です」と改めて宣言した。

 この日は-60kgのスーパーファイトで山本真弘vs神戸翔太の一戦が行われ、山本が延長ラウンド1分54秒でTKO勝ちした。31歳の山本と21歳の神戸ということもあり“世代闘争マッチ”とうたわれたこの試合。1R開始から山本が持ち前のスピードとローキックで積極的に仕掛ける。神戸もミドルキック、ボディーフックを軸に対抗。一進一退の攻防が続く。3Rにはバッティングで山本が左目の上をカット。残り2分弱は激しい打ち合いが展開されたが本戦は1-1のドロー。

 延長ラウンドも打ち合いが続くが、神戸のローブローで一時中断、再開後に山本が飛びヒザで神戸の鼻を破壊。ドクターストップによるTKOで勝利を収めた。

画像: 佐藤はピケオーの前に3度のダウンを喫した

佐藤はピケオーの前に3度のダウンを喫した

 またこの日のセミファイナルでは-70kg のスーパーファイトで佐藤嘉洋がジョーダン・ピケオーと対戦。佐藤は序盤こそ前蹴り、ローキック、ボディーへのパンチなどでペースを握ったかに見えたが、1R終盤にロープに詰められフックの連打でダウン。2Rも開始早々に右ハイキックでダウン。なんとか立ち上がったものの、右フックからの返しの左フックを食らって再度ダウン。レフェリーが試合を止めて、TKO負けした。7月のK-1-70kgトーナメント出場が決まっている佐藤だが、これで1月のサニー・ダルベックに続き2連続KO負けとなった。

This article is a sponsored article by
''.