画像: EXILE TETSUYAが今期初講義淑徳大学人文学部表現学科で今年も客員教授を務める

 昨年に引き続き、淑徳大学の客員教授を務めるEXILE TETSUYAの今期1回目の講義が16日、同大学で開催された。
 TETSUYAが行うのは人文学部表現学科の「現代表現論」。

 TETSUYAはまず「今日から講義が始まるんですが、一生懸命頑張っていきます。楽しい時間が過ごせるように。みなさんよろしくお願いします」と挨拶。講義に移るにあたり、指示棒を取り出すと一気に“教授”モードに切り替わる。

 まずは自らがここで教鞭を執ることになった経緯を生い立ちとEXILEでの活動を絡めて紹介。その中でさりげなく“夢の大切さ”を織り込むTETSUYA。

 そして本格的な講義へと移る。

「色紙にそれぞれの夢を書いてください」

 制限時間は5分。ここではTETSUYAも自らの夢を色紙にしたためた。

 そして次の課題は「30秒で自分の夢をプレゼンしてください」。

「ええーっ!?」とみんなが声を上げるなか、一人の男子学生が勢いよく手を挙げる。どうやらクラスでも率先して行動するタイプの学生のようで、強烈な個性を発揮し、プレゼン終了。この彼に気圧されることなくその後も手を挙げる学生が続き、10人が自らの夢をプレゼンした。

 TETSUYAの夢は「2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開会式で踊りたい!!」というもの。ちなみに昨年も同じだった。

 TETSUYA自身、「この夢を実現するためにどうすればいいかを考えた」結果、生まれたのが「EXILEパフォーマンス研究所」。その中で行っている活動や研究成果を紹介するなかで、夢に向かって努力することの大事さをさりげなく伝えた。


 次回の講義からは場所を体育館に移し、ダンスの授業を行う。最終的には「人前で踊れるようにしたい」と学生たちに目標を設定。「しっかり予習してきてください」とダンスの教則本とDVDを配布した。

 いくつかの質疑応答でこの日の講義は終了。最後に「生きているだけでそれが表現なんだなって思う時がよくあります。表現には正解も不正解もない。自分が“こう”と決めたら、それでいいと思います。自分の表現というものを100%一生懸命することによって、さらに高い自分になっていくんじゃないかと思っています」と挨拶した。

This article is a sponsored article by
''.