画像: 『OKINAWAまつり』今年は来場者17万人!

 沖縄の食と文化を東京で体感する祭典『OKINAWAまつり in 代々木公園2015』が9、10日に開催された。2日間の来場者数は、昨年をはるかに上回る約17万人を記録。すっかり定番フェスとして人気が定着した。

 会場となった代々木公園イベント広場には、所狭しと沖縄料理のフードブースが並び、ソーキそばやゴーヤチャンプルーといった定番料理から名物・サーターアンダギーを使った個性的なスイーツまで、多彩な沖縄グルメが集合。オリオンビール片手にソーキそばをたぐる人あり、シートを敷いてピクニック気分を味わっているグループあり。ステージイベントも昨年以上にラインアップが充実。伝統芸能から沖縄ポップス、お笑いライブなどが次々と会場を盛り上げ、ステージ前は常時、立ち見も出るほどのにぎわいぶり。来場者たちはそれぞれのスタイルで、沖縄の食と文化を満喫している様子だった。

This article is a sponsored article by
''.