画像: いま全国の自治体では、自らの「地方創生の総合戦略」を策定中。だが、従来からキチンと計画を立てて、まちの再生計画を実行しているのに、うまくいかないケースが大半だ。なぜか。(写真:うげい / PIXTA) toyokeizai.net

いま全国の自治体では、自らの「地方創生の総合戦略」を策定中。だが、従来からキチンと計画を立てて、まちの再生計画を実行しているのに、うまくいかないケースが大半だ。なぜか。(写真:うげい / PIXTA)

toyokeizai.net

なぜ計画を立て目標管理しても失敗するのか

 いま全国各地では、地方創生に関する総合戦略策定が進められています。国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を受けて、すべての都道府県と市区町村は2016年3月末までに「総合戦略」を作ることになっているからです。

 その際、「地方がおのおの作る総合戦略」については「基本計画をたて、KPI(=目標の達成度合いを測る定量的な指標)を決め、PDCAサイクルを回していこう」ということになっています。これは至極まっとうな話なのですが、実は、この方式は、これまでもさまざまな地域政策で散々やってきたやり方で、ほとんどが失敗に終わっているのです。

This article is a sponsored article by
''.