画像: (撮影・蔦野裕 http://www.tokyoheadline.com/vol643/sports.17253.php )

(撮影・蔦野裕 http://www.tokyoheadline.com/vol643/sports.17253.php

 日本サッカー協会は1日、「キリンチャレンジカップ2015 日本代表vsイラク代表」(6月11日、日産スタジアム)と「2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選 日本代表vsシンガポール代表」(6月16日、埼玉スタジアム2002)の日本代表メンバーを発表した。

 千葉県内のホテルで行われた会見にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督、霜田正浩技術委員長のほかに、手倉森誠コーチ(U-22代表監督)ら代表スタッフも姿を見せた。

 メンバーはGK4人、DF8人、MF6人、FW7人の25人。

 ハリルホジッチ監督は3月に行われた初めての代表発表時のように、ひな壇から立ち上がるとスクリーンに歩み寄り、一人ひとり解説を加えながらメンバーを発表。

 本田圭佑、香川真司といった常連に交じり、原口元気が約2年ぶりの招集。また代表候補合宿に招集されていたDF丹羽大輝とMF谷口彰悟が代表初選出となった。

 ハリルホジッチ監督の選手選考の基準は「コンディション」「クラブで試合に出ているか」「国内、海外にこだわらない」といったことがあげられる。

 今回のメンバーの中ではGKの川島、DFの酒井高といったところが最近出場機会がなかったが、川島については「いつもいい状態で来てくれる」としながらも、合宿中にコンディションを見極めていくという。また酒井高については「国内で酒井高よりいい選手を見つけられなかっただけ。いい選手を見つければ明日にでも呼ぶ」と説明した。2人には生き残りをかけた厳しい合宿となりそうだ。

〈日本代表メンバー〉

GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)
権田修一(FC東京)
DF
丹羽大輝(G大阪)
長友佑都(インテル・ミラノ)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(シュツットガルト)
MF
長谷部誠(フランクフルト)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(ハノーファー)
山口蛍(C大阪)
谷口彰悟(川崎)
柴崎岳(鹿島)
FW
岡崎慎司(マインツ)
本田圭佑(ACミラン)
川又堅碁(名古屋)
大迫勇也(ケルン)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
宇佐美貴史(G大阪)
武藤嘉紀(FC東京)

This article is a sponsored article by
''.