EXILE AKIRA、小林直己(EXILE・三代目 J Soul Brothers)、青柳翔(劇団EXILE)が、島根県のPRキャラクターに就任。彼らが地方から日本中へ、そして世界へ伝えたい島根の魅力とは?

映画『たたら侍』制作&『ご縁の国しまね』プロモーションを熱くPR

画像: 写真左から:映画『たたら侍』で映画初出演を果たす小林直己(EXILE・三代目 J Soul Brothers)。 役者としての経歴も豊富なEXILE AKIRAは「いつも一緒に頑張っている2人と共に、錦織監督の背中に付いていきたい」。

写真左から:映画『たたら侍』で映画初出演を果たす小林直己(EXILE・三代目 J Soul Brothers)。
役者としての経歴も豊富なEXILE AKIRAは「いつも一緒に頑張っている2人と共に、錦織監督の背中に付いていきたい」。

 2013年に公開された、錦織良成監督の映画『渾身 KON-SHIN』で青柳が主演を務めたという“縁”をきっかけに、AKIRA、小林、青柳の3人が島根県観光プロモーション『ご縁の国しまね』の新たなキャラクターに就任。3日、都内にて行われたプレス会見では、今年から2年間、錦織監督のプロデュースのもと、ユニークなコラボを続々と展開し島根の魅力を訴えていくことが発表された。著名人が地方の魅力を伝えるキャラクターや観光大使に任命されることは珍しくはないが、本プロモーションでは3人が島根県の3つの地域に分かれ、それぞれの担当地域をPRする。小林が出雲地域、AKIRAが石見地域、青柳が隠岐地域を担当し、それぞれのポスターやPR映像も制作された。

 3人が伝えるのは、単なる観光地のPRにとどまらない。それが、島根県出雲地方に伝わる伝統的な製鉄技法・たたら吹きを扱った映画『たたら侍』の制作だ。『渾身 KON-SHIN』に続き錦織監督と青柳が再び監督&主演でタッグを組む時代劇。“たたら吹き”の技法を継ぐはずだった青年が、侍になることを夢見て村を飛び出し、戦乱の世に翻弄されながらも本当に大切なことに気付いていくというストーリー。すでに青柳らは、実際のたたら場も見学し、撮影への意欲にあふれているようだ。中でも、たたら吹きが伝わる出雲地域を担当する小林は「単なる作業ではなく、神事であるということを強く感じました。作業の前に神様にお祈りをするなど、向き合う姿勢に緊張感を感じて、その場にいるだけで自分も背筋が伸びる思いでした。刀の原料になる玉鋼という硬い鉄の塊が出来上がるんですが、触ってみると、なんとなく人の手が作ったものの温かさを感じましたね」と語っていた。前作で隠岐の島の人々と結んだ“縁”を今も大切にしているという青柳も「島根でのロケと合わせて、現地からその魅力をみなさんに伝えたい」と、映画の主役としても意気込み満点。AKIRAも「錦織イズムを自分に注入して、島根の優しさ、強さを自分たちなりに表現したい」と力強く語っていた。

 今後、島根県では『たたら侍』ロケ撮影に合わせ、島根と東京で映画とのコラボイベントなどを予定している。

 日本のエンターテインメント界を代表する彼らが、地方の知られざる魅力を日本中に、そして世界に発信する姿に、頼もしさとワクワク感を感じずにはいられない。

画像: たたら製鉄の里「菅谷たたら山内」。現在、修繕工事中に付き、一部公開中止。 「錦織監督は、本当に信頼している方なので、前作以上の作品を目指す」と青柳翔(劇団EXILE)。 溝口善兵衛島根県知事は、島根の魅力に感銘を受け、それを表現したいと目を輝かせる3人に、「ぜひ、ご自分たちで感じたままの島根の魅力を、ご自身の言葉で、自然に伝えていただければ」と笑顔を向けた。

たたら製鉄の里「菅谷たたら山内」。現在、修繕工事中に付き、一部公開中止。
「錦織監督は、本当に信頼している方なので、前作以上の作品を目指す」と青柳翔(劇団EXILE)。
溝口善兵衛島根県知事は、島根の魅力に感銘を受け、それを表現したいと目を輝かせる3人に、「ぜひ、ご自分たちで感じたままの島根の魅力を、ご自身の言葉で、自然に伝えていただければ」と笑顔を向けた。

究極の鉄づくり「たたら吹き」とは

 日本刀を作るためになくてはならないのが“玉鋼”という特別な鉄。これは、奥出雲に古くから伝わる「たたら吹き」という製鉄技法でしか生み出せない、究極の鉄。4日間3昼夜、約70時間をかけ、およそ10トンの砂鉄から、ケラと呼ばれる鉄塊が約3トンできる。そのうちきわめて純度の高いものは玉鋼と呼ばれるが、約1トンに満たないという。現在も出雲では「たたら吹き」の技術が受け継がれており、ここで作られた玉鋼は全国の刀匠へと送られている。宮崎駿監督の『もののけ姫』にも登場した“たたら”。本作ではどう描かれるのか乞うご期待!

This article is a sponsored article by
''.