画像: 情報過多で悩める日本の母親救う一冊

『テルマエ・ロマエ』の作者で漫画家のヤマザキマリがエッセイを出版。20歳になる息子を育てたヤマザキが母として大事にしたいこと、無視していいことを語る。イタリア、シリア、ポルトガル、シカゴで教育を受けた息子を通して見えた、世界の教育事情や子育てに関する価値観とは? 自身の破天荒な子育て模様を中心に、日本独特の「いい母親プレッシャー」のかわし方、世界に通用する子どもを育てる上で一番大切なことなどを語り下ろした。情報過多であるあまりに、悩み深い真面目な日本の母たちに元気と勇気を与えるエッセイ。

『とらわれない生き方 母として「いいお母さん」プレッシャーのかわし方』

【著者】ヤマザキマリ【定価】1100円(税別)【発行】KADOKAWA【問い合わせ】KADOKAWA カスタマーサポート TEL:0570-002-001(祝日のぞく月〜金、10〜18時)【URL】http://www.kadokawa.co.jp/

This article is a sponsored article by
''.