女たちの歌声を聴く。「#1 インフィニティ」マライア・キャリー

画像: 女たちの歌声を聴く。「#1 インフィニティ」マライア・キャリー

 改めて説明が必要がないほど、圧倒的な表現力と、たくさんのヒット曲、その一挙手一投足にパパラッチが群がる歌姫、マライア・キャリー。今年デビューから25周年を迎えるが、その存在感は揺るぎない。その記念碑的な作品となるのが本作だ。『エモーションズ』『ドリームラヴァー』『ヒーロー』などヒット曲をまとめたオールタイムベストに、自ら書き下ろし、プロデュースも行った新曲『インフィニティ』を加えて現時点で最強のベスト、ベストオブベストを完成させた。新曲は重厚で荘厳なR&B曲。ポスト・マライアと称されるアーティストは多くいるが、本作はマライアが唯一無二の存在であることを知らしめる。

[POPULAR ALBUM]
ソニーミュージックジャパンインターナショナル 6月24日(水)発売 2200円(税別)

「こううたう」柴咲コウ

画像: 「こううたう」柴咲コウ

 時代を超えて歌い継がれる名曲の数々を柴咲コウがうたう。そして彼女なら「こううたう」。本作でカバーしたのは全部で15曲。ロック、歌謡曲とジャンルはさまざまで、曲調もアップテンポあり、バラードありと、魅力的な歌い手としての柴咲コウを再確認させてくれる。『ただ泣きたくなるの』(中山美穂)、『アイ』(秦基博)とそっと寄り添う曲、情感たっぷりの『めちゃくちゃに泣いてしまいたい』(工藤静香)など愛の歌といってもタイプはさまざま。さらには『桜坂』(福山雅治)、『若者のすべて』(フジファブリック)、『糸』(中島みゆき)なども収録している。柴咲の歌唱、アレンジメントを含めて、何度も聞きたくなるカバーアルバムだ。

[J-POP ALBUM]
ビクター 発売中初回限定盤3500円、通常盤3000円(税別)

「エモーション」カーリー・レイ・ジェプセン

画像: 「エモーション」カーリー・レイ・ジェプセン

 新世代のポッププリンセスとして広く認知された感のある、カナダ生まれの女性アーティスト、カーリー・レイ・ジェプセン。カーディガンズの『ラブフール』を手がけたピーター・スヴェンソンとタッグを組んで制作したポップソング『アイ・リアリー・ライク・ユー』は、一度聴いたら忘れないどころか脳内でリピートし続ける魔法のような曲で今もなお好調が続いている。そんななかでリリースされる本作は豪華なスタッフと制作。『アイ・リアリー〜』はもちろん、表題曲や『オール・ザット』など、ボーナストラックを含む全18曲を収録。デラックス盤のDVDにはミュージックビデオ、インタビューなどを収録。

[POPULAR ALBUM]
ユニバーサル 6月24日(水)発売 デラックス盤DVD(CD+DVD)3240円 通常盤2376円(税込)

「K5(Kの累乗)」シシド・カフカ

画像: 「K5(Kの累乗)」シシド・カフカ

 ドラムを叩きながら歌うカッコいい女、シシド・カフカ。ドラマへの出演など音楽以外のフィールドへも活動範囲を広げていた彼女が、再び力強いドラミングと歌を聞かせてくれる。ロックテイストでありつつも、ポップセンスふんだんに散りばめられている本作。それぞれの楽曲の素晴らしさはもちろん、どうかしちゃったのという豪華さもある。ドラマ『医師たちの恋愛事情』の主題歌『Don't be love』が斉藤和義プロデュース。他楽曲にも、甲本ヒロト、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、YO-KING(真心ブラザーズ)がクレジット。

[J-POP MINI ALBUM]
エイベックス 発売中 初回限定・紙ジャケット仕様(CD+DVD)2800円 通常盤1800円(ともに税別)

This article is a sponsored article by
''.