画像: 撮影・神谷渚

撮影・神谷渚

気持ち次第で叶う事はたくさんある(TETSUYA)

 7月14日には岡山のAEONでラジオの公開収録を行う。

Ü「岡山は何度か足を運んだことはあるんですけど、直接ファンの方と近くで触れ合うのが初めてなので、今からすごく楽しみです。DANCE EARTH PARTYがこれから本格的に始動しますが、ガッツリ始動していくのでDANCE EARTH PARTYの良さを少しでも伝えられたらなと思っています」

T「岡山に行くのは、前回のムーブアップの公開収録以来なので、すごく楽しみにしています。あの時味わいきれなかった岡山を今回味わいたいなと思っているのと、なかなか行けない場所ですが、本当に応援してくれるファンの皆さんと直に会える機会なので、なるべく多くの方とお会いしたいと思っています」

S「私はDreamとして、リリースイベントなどで行ったり、あとはメンバーのErieが岡山出身だったりして、本当にすごく岡山の皆さんの人柄が好きなので、また岡山に行けることがすごくうれしいです。今回岡山にDANCE EARTH PARTYとして、旅をすることができることに、すごくワクワクしています」

 地方でダンスを頑張っている若者にメッセージを。また好きなダンスで夢を叶えるためにアドバイスなどあれば。

T「僕もダンスを始めたのは、19歳だったので、決して早いほうではなかった。でも、いくつになっても夢を持つことは素敵だなって今でも思いますし、いくつから夢を見てもきっと自分の気持ち次第で叶う事はたくさんあると思うので、自分を信じてやり通してほしい。自分がやりたいと思ったことに一生懸命打ち込んでみたら、きっと夢は叶うので、頑張って欲しいですね」

Ü「僕も最近また再確認したんですけど、音楽は大きな音で聞くのがいいなって思ったんです。ヘッドホンや携帯で聞くのももちろんいいんですが、音楽って多分耳だけで聞いているんじゃなくて、体にもぶつかっているし、全身聞いているんです。それを体現するのがダンスだと思うので、音楽を爆音で聞いて踊ると、きっと、その素晴らしさを全身で感じることができますし、ダンスもよりいい位置、より高いところまでいけると思うので、たまには爆音で音楽を聞いてみてほしいですね」

S「私はダンスは全然得意なほうではないのですが、でも何かひとつ楽しいことやできる事を見つけてほしい。例えばこのステップができたっていう、いい事ばっかりを見つけて楽しむことで、続けていくことができると思う。嫌だなって思った事は本当に続けるのが辛くなっていくと思うので、とにかく下手でもなんでもいいので楽しむことが大事かなって思います」

 EXILEのパフォーマーを今年いっぱいで卒業することを発表したÜSAはオフィシャルHPでファンへこう記した。「EXILEのテーマである、Love, Dream, Happinessをもっと伝えるために、ダンスが持つ可能性をDANCE EARTHの活動を通じて世界中の人たちに発信していきたい」。その一歩を踏み出したDANCE EARTH PARTYの今後の活動に注目!

画像: OKAYAMA MOVE UP 総合プロデューサー 一木広治(ICHIKI KOJI) 株式会社ヘッドライン代表取締役社長/二十一世紀倶楽部理事・事務局長/夢の課外授業総合プロデューサー/2020東京オリンピックパラリンピック招致委員会・事業広報アドバイザー(2011年~2013年)/LDH顧問エグゼクティブプロデューサー/ローソン・ローソンHMVエンタテインメント顧問/アンファー顧問/チヨダ顧問/総合PR会社vector(ベクトル)顧問/ USEN顧問/淑徳大学人文学部表現学科客員教授/早稲田大学理工学部EDGEプログラム講師/ NEXT INNOVATOR 2015サポーター

OKAYAMA MOVE UP 総合プロデューサー 一木広治(ICHIKI KOJI)
株式会社ヘッドライン代表取締役社長/二十一世紀倶楽部理事・事務局長/夢の課外授業総合プロデューサー/2020東京オリンピックパラリンピック招致委員会・事業広報アドバイザー(2011年~2013年)/LDH顧問エグゼクティブプロデューサー/ローソン・ローソンHMVエンタテインメント顧問/アンファー顧問/チヨダ顧問/総合PR会社vector(ベクトル)顧問/ USEN顧問/淑徳大学人文学部表現学科客員教授/早稲田大学理工学部EDGEプログラム講師/ NEXT INNOVATOR 2015サポーター

This article is a sponsored article by
''.