画像: 写真左から、HISAYA(1995年10月9日生まれ 岡山県出身)、玉川洋輔(1989年9月12日生まれ 岡山県出身)撮影・元山龍斗

写真左から、HISAYA(1995年10月9日生まれ 岡山県出身)、玉川洋輔(1989年9月12日生まれ 岡山県出身)撮影・元山龍斗

on Starting Point — HISAYAのはじまり —
「大橋卓弥(スキマスイッチ) のライブに感動した」

玉川:今日はすごくうれしくて。初めてHISAYA君の歌を聴いた日からその曲と歌声が頭から離れなくて、HISAYA君って一体どんなミュージシャンなんだろうって…ずっとお話ししてみたかったから。それでいきなりだけど、どうしてシンガーソングライターになったの?

HISAYA:きっかけはスキマスイッチですね。兄の家族が好きだったこともあって、僕も聞くようになって、当時ソロ活動中だったスキマスイッチの大橋卓弥さんのライブに行ったんです。バンドをバックにギターを弾き語りするスタイルで、こんなことができるんだ、こんな気持ちにさせられるんだって感動したんですよね。そのころ、少しエレキギターをやっていたし、歌も好きだったので、自分でもやってみようかなって思ったんです。

玉川:え! めちゃくちゃ意外!!

HISAYA:自分のスタイルと違う人に興味が行くんですよね。今はロック系で、ONE OK ROCKとかKANA-BOONとか(笑)。でもやっぱり、好きなのはアコースティックのにおいがする歌ですけどね。

玉川:HISAYA君の声もそうなんだけど、音楽自体がすごく独特で他のミュージシャンとかぶらない。少なくとも岡山ではすごく目立つと思う。

HISAYA:変な歌というか、変な声?(笑)。音楽だけじゃなくて、プライベートも変わってるらしいです。友達によく言われます。

玉川:その独特の個性からかな… え、プロ?!って思ったもん!!(笑)

HISAYA:(笑)。これ自分で言うのもなんですけど、「なぜ売れないのか分からない」と言われたことはあります。……売り込みが下手ってことなんですかね。自分のプロデュースが上手じゃないというか。

on Music — HISAYAの音楽 —
「俺に勝てる個性を持ってる奴はいない」

玉川:以前は、ストリートライブを定期的にやってたよね。

HISAYA:ストリートは、3カ月東京に行って、帰ってきてからはじめたんですけど、最近はあんまりです。やりにくくなっている状況もありますし。

玉川:できるところも減ってるしね…。

HISAYA:でもやっぱり、ストリートってミュージシャンの夢ですよね。ゆず、コブクロ、つんく♂さんとかもストリートから出たっていうのもあるし。

玉川:登竜門的な感じだよね!

HISAYA:そうですよね。ストリートは僕に、酸いも甘いも教えてくれたところなんです。僕のやっている音楽に興味がない人、たまたま通りかかったような人には、路上ライブなんてただのうるさい音でしかないのかもしれない。でもそのなかの何人かが気になって足を止めてくれたりもすると、すごくうれしいです。自分の力のなさも分かるし、力がついてきたのも感じられます。それにストリートを通じてアーティスト仲間というか音楽仲間もできましたし。みんな強烈な個性の持ち主ですけど、俺に勝てる奴はいないと思います(笑)。

画像: 撮影・元山龍斗

撮影・元山龍斗

on Dream — かなえたい夢 —
「メジャーデビューが一番の目標」

玉川:今はライブツアーの真っ最中?

HISAYA:そうですね。CDのリリースも決定しているので、レコ発ツアーというか。ワンマンライブもあるし、ツーマンもあるし。岡山だけじゃなくて、東京や福岡、名古屋にも行きますね。

玉川:すごいなあ。夢が広がるね。

HISAYA:今はメジャーデビューが一番の目標ではありますけど、歌えればいいっていう感じではないんですよね。歌って目立ちたい。とりあえず、全国区のテレビに出たい。僕に興味を持ってもらえるならカラオケ番組でも! あと、HISAYAとしての活動と並行してロックバンドもできたらと思っています。

玉川:HISAYAくんもどんどん岡山から全国に進出して行って、もっともっとたくさんの人たちに存在を知ってもらい、岡山を、そしてHISAYAの名を全国へ轟かせて行ってほしい! 僕もじっとしてられないな、本当に刺激される。

For the Reader — メッセージ —
「夢はノリで追求!そのほうが楽しい」

玉川:最後に読者の皆様へのメッセージをお願いします。

HISAYA: 夢って堅苦しいものじゃないと思うんです。うまくいかなくて思い悩む人もいるだろうけど、もっとラフに、ノリでいい。ダメだったらダメって思える。そのほうが楽しいですよ。

玉川:めっちゃいいこと言う!

HISAYA:楽しければ他のいいことも見えてくると思います。恋愛でもそうじゃないですか? それだけになっちゃうと相手の気持ちも見えなくなる。まあ、そういう入り込んだ感じになったりするのも逆にあこがれだったりしますけどね(笑)。

information

画像1: information

ファーストミニアルバム「HAPPY SONG」配信中

 独特な声と表情豊かな楽曲を持ち、全国でのLIVE活動、インターネット生配信(ツイキャス)、YouTubeへの動画投稿と、幅広く活躍の場を持つシンガーソングライターHISAYA。
 ファーストミニアルバム 「HAPPY SONG」 ¥1500 にて発売中!!
iTunesでも購入可能です。Twitter…@hisacas

画像2: information

玉川洋輔 ワンマンLIVE  ― COLOR ―

【場所】BLUE BLUES(岡山県岡山市北区表町3丁目12-12)【日程】10月18日(日)【料金】前売り 2000円  当日 2500円 + 1ドリンク制【時間】開場18時00分〜 開演19時00分〜

Ameba:http://ameblo.jp/0912yosuke1225/
facebook・Twitter :玉川洋輔で検索

This article is a sponsored article by
''.