画像: 撮影・宗村和磨 第120/121回7.18,25 OAより DANCE EARTH PARTY EXILE ÜSA、EXILE TETSUYA、Dream Shizuka

撮影・宗村和磨
第120/121回7.18,25 OAより
DANCE EARTH PARTY EXILE ÜSA、EXILE TETSUYA、Dream Shizuka

 ゲストにDANCE EARTH PARTYのEXILE ÜSA、 EXILE TETSUYA、Dream Shizukaを迎え、OKAYAMA MOVE UPと連携したラジオ公開収録が7月14日、イオンモール岡山の施設内『未来スクエア』にて行われた。岡山県のイオンモール岡山は昨年末、都市型イオンモールとしてオープン。岡山駅地下街と直結する西日本最大の注目の施設となっている。公開収録の行われた会場『未来スクエア』は1階から4階まで吹き抜けとなっており会場の周辺はおよそ1000人を越える来場者であふれた。

 ÜSA、TETSUYA、Shizukaが登場すると会場が揺れるほどの大きな歓声が湧いた。同イベントで過去岡山に来たTETSUYAをはじめ、中学生の修学旅行で倉敷に訪れたことがあるというÜSAの回答にファンも驚いた様子。またDreamのErieが岡山出身ということもあり第二の故郷と思っているというShizukaの回答にファンも喜んだ。また正式メンバーとなったTETSUYA、Shizukaの加入経緯やお互いへの想いを語った。男女混合となるグループで普段のグループの人数感と違うこともあり、新鮮な気持ちでとても仲の良いグループが誕生したようだ。

 8月5日にリリースされるゴダイゴの『ビューティフル・ネーム 』をカバーした新曲『BEAUTIFUL NAME』について触れるとÜSAが代表して「ピースフルで愛にあふれているメッセージなのでダンスアースの活動にもリンクする部分がたくさんあって、この曲を僕らなりにダンサブルに表現したいという夢があった」とカバーをした想いを語った。また今回のインパクトのあるジャケットの絵についてある間違いを指摘したÜSAがその秘密を暴露すると会場からも笑いが起こった。収録日に情報解禁日となったミュージックビデオではÜSA、TETSUYAの振り付けにも注目が集まった。そこでShizukaの生歌と共に会場のファンと振り付けを踊るという3人からのサプライズの演出が。そのまま曲紹介となったが曲中もShizukaの歌とÜSA、TETSUYAの振り付けで会場全体がライブのように最高潮に盛り上がった。その光景にゲスト3人も楽しんでいた様子。

 最後にTEAM2020として東京オリンピック・パラリンピックが決まった2020年に向けてのDANCE EARTH PARTYのアクション宣言も行われ、会場のファンと一緒に写真撮影でイベントを締めくくった。

 この模様は7月18日(土)、25日(土)の2週に渡ってオンエアされた。

画像: DANCE EARTH PARTY生歌&振り付けのサプライズにイオン岡山、大盛り上がり

This article is a sponsored article by
''.