画像: スペシャフェス『SWEET LOVE SHOWER 2015』リポート①

 スペースシャワーTV主催の『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-』(以下、SLS)が、8月28~30日に山梨県 山中湖交流プラザ きららで行われた。特にSLS2日目はレキシ、きのこ帝国、indigo la End、アルカラ、the telephonesなど全19組の豪華ラインナップな顔ぶれとなった。
 会場は朝からストレイテナーのDISCOGRAPHYやMelodic Stomで会場のテンションもMAX。続くアルカラは、新宿の自虐ネタなどで会場の心をいっきに掴む。最後は『キャッチャーを科学する』『半径30cmの中を知らない』で熱狂のまま終了。メインステージではきゃりーぱみゅぱみゅの出番を待つ人々。すれ違う人たちが「次、きゃりーだから」と盛り上がりも一体感が生まれた。次は初日ゲスの極み乙女でも出演した川谷(Vo.)率いるindigo la End。『夜汽車は走る』『悲しくなる前に』『真夜のマジック』など夏の終わりを感じる楽曲を披露。

This article is a sponsored article by
''.