皆さん、「早稲田かつお祭り」ってご存知ですか?
9/27~10/18の3週間、早稲田界隈が気仙沼のカツオと早稲田ミョウガで盛り上がります!

「早稲田かつお祭り」とは・・・

江戸時代、早稲田地域ではミョウガが盛んに栽培され、鎌倉でとれたカツオと一緒に食べる事が「粋」とされていました。「鎌倉の波に早稲田を付け合せ」という川柳まであったほど、カツオとミョウガは最高の味覚とされていました。

画像: 「鎌倉の波に早稲田を付け合せ」

「鎌倉の波に早稲田を付け合せ」

時を経て江戸の「粋」を復活させようと、早稲田ミョウガと水揚げ日本一を誇る気仙沼のカツオを組み合わせたお祭りが、2012年から、早稲田大学周辺の7つの商店会、地域住民有志、早稲田大学の学生・教職員有志、新宿区、そして気仙沼の皆さんの協働の元行われるようになりました。
早稲田の街を活性化しながらも、東日本大震災の復興支援もできるのです。

画像: 気仙沼の戻り鰹

気仙沼の戻り鰹

画像: 早稲田みょうが 赤くて大ぶりなのが特徴

早稲田みょうが 赤くて大ぶりなのが特徴

秋の味覚、気仙沼の戻りカツオ

 カツオの美味しい季節は春と秋の年二回あり、春、黒潮にのって太平洋岸を北上する時期に漁獲されたもを 「初カツオ」、秋、水温の低下に伴い南下してきたところを漁獲したものを「戻りカツオ」 と呼びます。
 この戻りカツオは初カツオと違い、自然のエサをたっぷりと食べて脂肪量を増加させて戻ってきます。そのため脂がのってこってりと濃厚な味わいで、「トロカツオ」などとも呼ばれています。
 気仙沼は18年連続カツオ漁獲量日本一を誇る漁港で、6~11月がシーズンです。戻りカツオの一大ブランドどして有名です。東日本大震災の復興で皆の元気を出すために、気仙沼のカツオは重要な存在だったそうです。カツオは足が早い事で有名ですが、「早稲田かつお祭り」では気仙沼港から直送なので、新鮮で美味しいカツオが食べられます!

江戸時代から愛されていた、早稲田ミョウガ

 江戸時代参勤交代で江戸に来ていた大名らの家庭菜園から広まった江戸東京伝統野菜。その中でも和製ハーブとして幕府に重宝されていたのが、「早稲田ミョウガ」です。現在の早稲田大学周辺は、江戸時代稲作が有名な地域で、田んぼの脇にみょうが畑が多くあったそうです。

画像: 早稲田の田んぼとみょうが畑

早稲田の田んぼとみょうが畑

 早稲田大学の設立とともに畑は消え、早稲田みょうがの栽培も一時は途絶えてしまいました。しかし地域の方や農家の協力の元、2011年に復刻する事ができました。日本一の生産量である高知のミョウガとは違い、「早稲田ミョウガ」は赤みが濃く大ぶりで、香りが強い事が特徴として挙げられ、さらに高知では7月~9月に収穫されますが、「早稲田ミョウガ」は9月~10月の今が旬となっています。「早稲田かつお祭り」では、復刻されたばかりで市場には出回っていない「早稲田ミョウガ」を存分に楽しむ事ができます!

「早稲田かつお祭り」概要

開催日:9/27(日)~10/18(日)
アクセス:東西線早稲田駅、JR山手線、西武新宿線高田馬場駅
9/27~10/18の3週間早稲田周辺の飲食店で、期間中気仙沼のカツオと早稲田ミョウガを使った様々な料理をお楽しみいただけます。また、参加店で500円ごとに抽選券がもらえ、抽選券は10/18の大抽選会で使えます。

画像: カツオのお造、ミョウガ添え

カツオのお造、ミョウガ添え

画像: 早稲田ミョウガの漬物

早稲田ミョウガの漬物

画像: かつおとの相性を考えて作られた宮城の地酒

かつおとの相性を考えて作られた宮城の地酒

「早稲田かつお祭り」参加店リスト 
http://katsuomatsuri.com/shop.html
「早稲田かつお祭り」参加店MAP
https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=z-XzmLiVF3YA.kBclKd2Kefbs

9/27(日) 初日

・戻りかつお無料試食会を「かわうち」「紅梅」「稲郷」「はなのあと」「魚扇」で開催。
・ミョウガ散策ツアー
 早稲田大学周辺の早稲田ミョウガ自生地を散策し、原風景をたずねます。
 16時早稲田大学大隈講堂前集合。17時解散。(参加自由。事前申し込み不要。無料。)
 解散後希望者のみ、「かわうち」にて「早稲田みょうがを楽しむ会」(実費)
  

10/18(日) 最終日

・稲門祭でのブース出店
 気仙沼のカツオなど多様な商品の産直市が開催されます。
・大抽選会
 祭り開催中に参加店で500円の買い物ごとに抽選券がもらえ、2枚で1回ひくことができます。
 景品は、気仙沼のホテル宿泊や戻りカツオ1本など、超豪華!

画像: 10/18(日) 最終日

最後に・・・

 「早稲田」というと「早稲田大学」が一番に浮かぶと思いますが、実は「早稲田」は地名です。皆さんご存知でしたか? 「早稲田かつお祭り」で早稲田大学だけではなく、早稲田の街をよく知り、雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。もちろん、かつおが好きな方、ミョウガが好きな方、そうでない方もぜひ早稲田の街を訪れて、秋の到来を楽しんでください!
 次回の記事は、TEAM2020学生チームのメンバーが実際に9/27のミョウガ散策ツアーに参加したレポートになります。

早稲田かつお祭2015公式サイト
http://katsuomatsuri.com


This article is a sponsored article by
''.