画像: 写真:吉成大輔 www.tokyoheadline.com

写真:吉成大輔

www.tokyoheadline.com

 9月16日、21回目を数えるアイドルイベント「たいがぁ〜」で都内を中心に所謂“地下アイドルシーン”で活動している女性3人組ユニット「G→L(ジール)」の2周年ライブが渋谷CLUB CRAWLにて行われた。G→Lのお祝いに集まった出演者達とこの日の主役のG→Lは、2年のキャリアを感じさせる安定したステージに満員の会場は最高潮の盛り上がりをみせた。


 そして、同イベントの目玉「G.i.W」の最初で最後一夜限りのライブが行われた。「G.i.W」とは、ライブアイドルの中でもとりわけ歌唱力、ダンスのパフォーマンスが高いと評判の「G→L」「impression(インプレッション)」「WA-Side(ダブルエーサイド)」が、G→Lの2周年を記念して集まったコラボ・ユニットである。


 事前に発表されていた「G.i.W」は、日頃ライバル関係にある3つのユニットがコラボするとあって話題。


 ライブオープニングには、まるでハリウッド映画の様な煽り映像が流れサイレンの音が会場に鳴り響いたかと思うと、一気にステージに張られた幕が開く。日頃から同じユニットのメンバーなのではと思うような、8人の息の合った激しいダンスパフォーマンスに会場は盛り上がる。この日のために彼女たちが行った練習がどれほど激しかったのか想像に難くない。これはもうアイドルの枠を超えているといっても言い過ぎではないだろう。


 同イベント初披露となる、有名作家・演奏陣によって書き下ろされた楽曲が披露され公演が終了後には、観客たちは「また見たい」「一夜限りは勿体無い」など、賞賛の言葉を口にしていたのが印象に残った。


 彼女たちから、ますます目が離せない夜となった。

画像: アイドルユニット「G→L」2周年ライブで驚愕のパフォーマンスを披露

This article is a sponsored article by
''.