画像: 三代目 J Soul Brothersに日本熱狂TOKYO HEADLINE VOL.651発行

最新ツアー『BLUE PLANET』 は最高潮の盛り上がり!

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目)の存在感が日々増している。デビュー前から圧倒的でエネルギッシュなパフォーマンスで魅了してきた彼らだが、デビュー以降はその人気は沸騰。リリースにツアーに、さらには賞レースにと、あらゆるアングルから注目を集めるとともに、確かな結果を残し続けている。


 EXILEの遺伝子を受け継ぐダンス&ボーカルグループとして、そのスタートから注目も期待も寄せられ続けてきた三代目だが、地に足をしっかりとつけ、自らのエンターテインメントを追求し続けている。今年もアルバム『PLANET SEVEN』のリリースを皮切りに、壮大なバラードシングル『starting over』、米ロックバンドGuns N' Rosesで活躍した名ギタリストのSLASHとコラボした『STORM RIDERS feat.SLASH』、世界を席巻するEDMのトップDJであるAFROJACKのトラックで歌い踊るサマーアンセム『Summer Madness』、そして最新シングルで切ないミッドバラード『Unfair World』と次々にシングルを発表。それと並行して、三代目史上最大規模となる初のドームツアー“BLUE PLANET”も展開。どの日程も軒並みチケットソールドアウトとなって、三代目の人気ぶりを知らしめた。


 今年も残すところ3カ月あまりだが、三代目はさらに加速する。現行のツアーに、東京ドームと京セラドーム大阪でトータル6公演を追加。全国を巡り、最新シングルが街に響き渡って三代目熱が過熱するなかでのライブは、間違いなく今年のハイライトとなりそうだ。


 しっとりとした最新シングルとは裏腹に、テンションは上がりっぱなしの三代目メンバーに、インタビューを敢行した。

今週も旬な話題満載!その他の記事はTOKYO HEADLINE WEBで

This article is a sponsored article by
''.