画像: アゲアゲのナンバーとともに夏の空の旅をPRしたCMには、メンバー全員で出演。青い空、ブルーのANAのロゴがくっきりと浮かぶ機体、さらには格納庫のなかでも撮影。ANAの社員も出演し、笑顔でダンス。「ヒコーキで行くとアガる。」をそのまま映像化したような内容だった。

アゲアゲのナンバーとともに夏の空の旅をPRしたCMには、メンバー全員で出演。青い空、ブルーのANAのロゴがくっきりと浮かぶ機体、さらには格納庫のなかでも撮影。ANAの社員も出演し、笑顔でダンス。「ヒコーキで行くとアガる。」をそのまま映像化したような内容だった。

 社員が力を合わせて世界の人々に「夢」と「感動」を届けるANA、そして音楽とダンスを軸にした独自のエンターテインメントを通じて「夢」と「感動」、そして「笑顔」を届ける三代目 J Soul Brothers(以下、三代目)。志を同じくするとともに、青のイメージをシェアする両者は、ガッチリとタッグを組んで活動している。


 夏の『旅割』キャンペーンを皮切りに多くの人の目に触れる形で本格始動したこのタッグ。『旅割』のキャンペーンキャラクターに就任した三代目は、ダンサブルなシングル『Summer Madness』を携えてTVCMに出演。ANAの機体をバックにメンバー全員が踊るCMはこの夏を象徴するCMになった。なお、この楽曲のミュージックビデオの撮影はANAの格納庫で行われているなど、一般的なCM出演の枠を超えている。そんなことからも、この青のタッグがいかに強力なものであるかが分かる。
 ウェブ上で行った『アガる!ダンスコンテスト』もまた、このタッグだからこそ実現したもの。『Summer Madness』に合わせたダンスムービーを広くから募集し、その優秀者を、三代目も所属するLDHが主催するダンスカップにおいて表彰するという内容。ツアーや作品づくりなどアーティストとして精力的に活動を展開する一方で、ダンスを通じて子供たちと触れ合う試みもしている彼らならではの企画といえる。


 さらにまた、ANAの機内にも三代目が登場した。8月の機内オーディオプログラム『ANAアーティストスペシャル』でメンバーが、格納庫でのミュージックビデオの撮影秘話や、旅にまつわるエピソードを語った。


 今回の取り組みで絆を強くしたANAと三代目。次はいったいどんな展開をみせてくれるのだろうか。今後も青の強力タッグが仕掛けるコラボレーションから目が離せない!

This article is a sponsored article by
''.