画像: 熱海のバナナ。』2014年 ©Satoshi Ohno

熱海のバナナ。』2014年 ©Satoshi Ohno

大野智史 展「Beautiful Dreaming.」
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery 9月30日(水)〜 10月19日(月)

『越後妻有アートトリエンナーレ2009』(新潟 2009年)、『VOCA展2010』(上野の森美術館 2010年)、『絵画の在りか』(東京オペラシティ アートギャラリー、14年)など、近年話題のグループ展にも出展が続く注目の若手作家・大野智史の個展。


 大野の作品には、原生林をバックにスピーカーや人物像、プリズムや螺旋のイメージが描かれる。現在、富士山の袂にアトリエを構える大野にとって、原生林は生命が生まれ、終わる場所。そこに重なる鮮烈な色彩のプリズムは、美しく華やかに輝いて、見る者を引き付けてやまない。


 そんな大野は2013年にダイムラー・ファウンデーションの補助を得てベルリンに滞在。自身も影響を受けたと語るドイツの表現主義的な作品に触れつつ、日本とヨーロッパの気候風土の違い、そこから生まれる絵画的な美意識の違いを感じ、考察したという。本展では、その体験の一端が現れた2014年の原美術館での「『アート・スコープ2012-2014』―旅の後もしくは痕」での出品作に続くシリーズとして、プリズムと亜熱帯の植物をモチーフにした絵画を発表する。

【時間】11〜20時【休】会期中無休【料金】入場無料【問い合わせ】03-6434-1493【交通】渋谷駅より直結 渋谷ヒカリエ8階【URL】 http://www.hikarie8.com/artgallery/

This article is a sponsored article by
''.