画像: 「市場まつり」てのがあるらしいよ!

朝や夜はぐっと冷え込み、気づけば本格的に秋が始まっていた。日差しも和らぎ、外出もしやすい気候。そこでお勧めしたいのが、市場でのおいしいもの探しだ。


 10月、東京都中央卸売市場の各市場で「市場まつり」が行われる。卸売市場と生鮮食料品に対する理解を深めてもらうこと、食生活の向上や食育や花育の普及などを目的として行われているもので、開催日には各市場が多くの人でににぎわう。18日開催の世田谷市場と北足立市場を皮切りに、品川の食肉市場(24、25日)、淀橋市場(25日)と続く。


 各市場では、それぞれの市場で扱っている青果物や花の即売や販売が行われたり、模擬店、模擬セリやゲームなど工夫を凝らした企画が行われる。参加することで、食べ物や花、市場の理解が深まるようなゲームなどもあって、家族づれでも楽しめるまつりになっている。


 なかでも人気なのが食肉市場だ。毎年開催日には、最寄りの品川駅と市場までの道のりに肉で重くなったバッグを提げて歩くたくさんの人を見ることができる。肉にフォーカスしたフードイベントが大人気など肉への注目が高まるなか、「東京食肉市場まつり 2015」も盛り上がることは間違いなさそうだ。今年のまつりは山形の特産品「総称 山形牛」。総称山形牛しゃぶしゃぶの無料試食コーナーが設けられるほか、米や漬け物や日本酒など「総称 山形牛」を育む土地の味覚も揃う。さまざまな食肉や食肉加工品の販売、ステージイベントも行われる。


 都民を支えてくれる市場に、エコバッグ片手に出かけてみてはいかが。

平成27年度「市場まつり」開催日程

世田谷市場 10月18日(日)10〜13時
北足立市場 10月18日(日)  10〜13時
食肉市場 10月24日(土)、25日(日)10〜16時(25日は15時まで)
淀橋市場 10月25日(日)9〜12時
国立地方卸売市場 10月25日(日)9〜12時
豊島市場 11月1日(日)9時30分〜13時

This article is a sponsored article by
''.