山車を引き各町内を練り歩く?????

10月9日10日11日と遠州袋井の祭りが行われた。各地で太鼓の音、笛の音。町内の老若男女が共に練り歩き、一年に一度のお祭りを楽しんだ。
夜は提灯に灯りが付き、各町内の山車も多く集まり、お祭りを祝う。

画像1: 山車を引き各町内を練り歩く?????

画像2: 山車を引き各町内を練り歩く?????

秋祭りの意味って.......?

袋井市の祭は五穀豊穣を祝い、また無病息災を願い、囃子手の笛と大太鼓・小太鼓にあわせて屋台(山車)の曳き廻しを行います。歴史は古く江戸時代天保13年(西暦1842年)、山名郡川井村六ケ村(元町・東町・南町・中町・西町・町屋)が屋台を作り合同で曳き廻したのが始まりといわれています。今では、市中心部の15台の屋台により毎年10月第2週目の金曜日から日曜日にかけて「袋井祭り」として行われています。また、同日に合わせ市内全域の各町でも曳き廻しが行われ 、袋井は祭り一色になります。
また7月には上山梨のお祭りがあり、11月には森町のお祭りも開催される。

画像: 秋祭りの意味って.......?

This article is a sponsored article by
''.