画像: Bars & Melodyが渋谷区長を表敬訪問

 JuniAward 2015 AUTUMN/WINTERに出演した『Bars & Melody』のレオンドル君が、イベントの前に渋谷区の長谷部健区長を表敬訪問した。

 彼らは過去に自身がいじめにあった体験を歌とラップにのせて社会的問題となっているいじめの反対を訴えている。レオンドル君は自分のつらかった過去を伝え、「いじめている側が気づいていないことがある。それを皆に伝えるのが僕たちの役目だと思っている。いじめ反対を伝えるのも勇気がいるし、口に出せる機会もない。僕らの音楽が彼らの声の代わりになってくれたら」と訴えた。

 区長もいじめは日本でも大きな問題となっている、マイノリティの人たちがもっと脚光をあびて、マジョリティの人たちの意識の変化や街の空気が変わらなければと伝えた。

This article is a sponsored article by
''.