全員で歌って全員で踊る!新曲は「歌って踊る」

画像: 全員で歌って全員で踊る!新曲は「歌って踊る」

女性4人からなるガールズ・エンターテインメントグループ、Dream(ドリーム)がニューシングル『ブランケット・スノウ』を11月18日にリリースする。グループ初のウインターソングとなる本作は、Dreamらしさにあふれている。「この曲で、みなさんを温かくできたらいいな」。一木広治が聞く。

一木広治(以下、一木):最新シングル『ブランケット・スノウ』がまもなくリリースされます。まずは、タイトル曲について教えてください。


Aya:新曲ということになって、季節的にも冬の始まりだったので、ウインターソングにしようってなったんです。
一木:なるほど。まずは、ウインターソングを探していったんですね。
Aya: はい。そのなかで全員でいいね!って決まったのがこの曲でした。
Ami:最初に思ったのは、キラキラ感がすごいなあって思いました。
Erie:王道のJ-POPのウインターソングっていう感じもあるんですけど、ウインターソングというとバラードが多くなりがちですが、この曲は四つ打ちだったりキックがしっかりと入ったりしているので、歌ったり踊ったりする自分たちに合うなと思いました。
Aya:Dreamは全員が歌って踊るグループということもあって、Dreamとしての作品は、一人ひとりの声を意識して作っています。そのなかで前作、そしてその前の作品は歌心に力を入れて、パフォーマンスよりも歌に集中してきたので、今回はパフォーマンスにも力を入れて、歌って踊る。両方に力を入れてます。
Shizuka:この曲のメロディーは寂しい感じなのですが、歌が乗ることで楽しそうに聞こえるんじゃないかと思いました。
Aya:そう。それで、Dreamらしくじゃないですけど、温かさをみなさんにお届けできるような歌詞を乗せたいねって、作詞を小竹正人さんにお願いしたんです。小竹さんは、普段から私たちをよく見てくださっている方ですから、曲と歌詞が合わせられたときには、私たち自身がDreamらしいって感じる曲になりました。


一木:レコーディングするなかで、難しかったことなどありますか?


Ami:この曲はメロディーは悲しげで歌詞はキラキラなところが聴きどころの曲だと思うのですが、ついメロディーに引っ張られて、切なくなりすぎてしまうところが難しかったです。
Aya:出てくるのは、すごく幸せなカップルで、相手がいるからこそ感じられる歌詞。私も、想像しながら歌いました。
Shizuka:それと、空とか、イルミネーションとか、雪が降るとか、景色を表す歌詞も多いんですよね。聴いている方にも、冬が始まる感じが伝わったら……私は、そんなことを考えてましたね。
Erie:曲はサビに至るまでの時間がすごく短いんです。サビの盛り上がりへとどう持って行くか、それも難しかったです。


一木:制作中に、心がけていたことはありますか?


Erie:今の自分たちの大きなテーマとして、肩の力を入れすぎない、等身大のものというのがあるので、聴いていただける方が緊張しない、温かい気持ちになっていただけるよう心掛けていました。
Shizuka:それに加えてですが、前作から今作まで少し間が空いていて、その間、Amiちゃんのソロだったり、ErieちゃんのDJだったり、私自身もDANCE EARTH PARTYに正式メンバーとして参加させていただいたり、個々の活動がすごく多かったんです。いろいろな経験や勉強をさせていただきながら、何かをDreamに持って帰らなきゃって思っていたので、前と少し変わったねっていうのを歌やパフォーマンスから感じてもらえたらな、そんなことを思っていました。
Ami:いつも新しい自分たちを見てもらいたいって思っているよね。


一木:そういったみなさんの熱い想いが込められているシングルなのが、ちゃんと伝わってきますよ。

This article is a sponsored article by
''.