かつてのマルイシティ渋谷が全面改装し、明日新たに生まれ変わる【渋谷モディ】。その新しい商業施設の魅力はどこにあるのだろうか?

筆者は当施設にテナントとして出店する「SPONTINI」の仕掛け人の1人であることからも当施設の内覧会に参加してきた。

画像: 渋谷モディ外観

渋谷モディ外観

"知的商業空間"がコンセプトの新商業施設【渋谷モディ】

渋谷モディでは従来のアパレル・雑貨ショップからカフェや本格派レストラン、娯楽施設、渋谷に約5年ぶりに復活するHMVの新業態「HMV&BOOKS TOKYO」まで総勢55のテナントが出店する。いわゆる「衣・食・住」のサービスに加えて、お客さんが「体験・体感」できるサービスが組み込まれている施設だ。

渋谷モディには魅力がたくさん!

画像1: 渋谷モディには魅力がたくさん!

ちなみにこんな顔パネルが!このパネルで写真を撮るとオリジナルキャンディーが貰えました!さらに、大手カラオケ店と値段が変わらない価格でおしゃれな空間と新機能を搭載している「RAINBOW」というカラオケ店は斬新。スタジオも併設しているために、バンドをやっている人にもおすすめです!さらに「HMV&BOOK」ではトレンドの商品や文化を察知できるような仕掛けが様々見受けられ、またイベントブースが併設されていることからも今後新たな活動がこの場所から生み出されていく予感がした!

画像2: 渋谷モディには魅力がたくさん!

日本初上陸のレストランから渋谷発の商品も!

画像: 日本初上陸のレストランから渋谷発の商品も!

日本初上陸の「パイフェイス」や"渋谷コーラ"と謳う商品まで目白押しだ!レストランの中でも最も脚光を浴びるのはイタリア・ミラノで行列の絶えないピッツェリア専門店【SPONTINI】だろう。SPONTINIについては多くの記事で取り上げられているのでここでは割愛する。近年、日本のカルチャーを創出する点において、原宿に遅れをとっているのが渋谷の立ち位置だ。そういった状況を打破するために、そして新たな渋谷発のカルチャーを生み出す面においても、「渋谷モディ」は新旗手になるかもしれない。

This article is a sponsored article by
''.