画像: 板》1993年

板》1993年

 1993年から英国を拠点に活動するジョン・ウッド&ポール・ハリソンは、パフォーマンスやアニメーション、建築的なセットやさまざまな装置を取り入れたビデオ作品を共同で制作しているアートユニット。そのユニークな作風で、近年、英国内外で人気と評価を高めている。日本でも、森美術館などの巡回展で紹介されたほか、同ギャラリーの『オープン・スペース 2012』でも6作品を展示して人気を博していた。


 あるときは、2人の男が“板”を操る。またあるときは、二人三脚の状態でマシンから発射されるボールを避けようとする。固定アングルで淡々と撮影される映像は、奇妙で不思議、どこかユーモラス。画面の向こうで、何をしているのか、何が起こっているのか、分からずとも引きつけられてしまう。


 本展では、パフォーマンス、アニメーション、物語、映画とテーマを分け、日本初公開となる作品を含む20作品を紹介。別視点から見た日常なのか、劇的に切り取られた物語なのか、はたまた記録や実験なのか…“説明しにくい”不思議で楽しい世界へようこそ。

『ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある』

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] 開催中〜2016年2月21日(日)
【時間】11〜18時(入館は閉館の30分前まで)【休】月曜(月曜が祝日の場合翌日)、年末年始(12/28〜1/4)、保守点検日(2/14)【料金】一般・大学生500円、高校生以下無料【問い合わせ】0120-144199(フリーダイヤル)【交通】京王新線 初台駅東口から徒歩2分 東京オペラシティタワー4階【URL】http://www.ntticc.or.jp/

This article is a sponsored article by
''.