TOKYO HEADLINE紙上で好評連載中の「今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵」から、今回はちょっと聞き慣れないエスニックなアジアンビストロ店「NIJYU−MARU〜Oriental Market& Bistro〜 新宿西口店」を紹介。

画像: 「ガーリックシュリンプ バケツ」980円

「ガーリックシュリンプ バケツ」980円

 今回はエスニックなアジアンビストロについてタレコミがあったので、調査に向かった。新宿で降りビルの地下へ階段を下りていくと、そこに広がっていたのがアジアの市場。なんだかワクワクしてきたぞっと!


 探偵がまずオーダーしたのが、野菜詰め放題の「NIJYU−MARU野菜市場のバーニャカウダ」。なんと1人前580円で、ポットに好きなだけ野菜が詰められるという。店の中央付近に置かれた野菜市場には、新鮮な野菜が約20種類ほど盛りっと置かれている。中には普段スーパーなどでもあまり見かけないような珍しい野菜も。これをギューギューに詰めて席に戻り、バーニャカウダーソースにつけてパクリ。野菜が新鮮なので味が濃い! だからソースに負けない! だからウマい!のおいしさスパイラル(命名、探偵)にどっぷりとハマってしまった。そして次にオーダーしたのが、探偵が一番気になっていた「ガーリックシュリンプ バケツ」。メニュー名+バケツ。なんてそそられるお名前なのかしら。

画像: 1.「NIJYU−MARU野菜市場のバーニャカウダ」580円(1人前) 2.「串焼き5種の盛り合わせ」1280円 3.「生絞りパイナップルサワー」700円

1.「NIJYU−MARU野菜市場のバーニャカウダ」580円(1人前) 2.「串焼き5種の盛り合わせ」1280円 3.「生絞りパイナップルサワー」700円

 そして登場したのが、バケツからドドーンとはみ出した、ものすごい量のガーリックシュリンプ。その上にさらにガーリックソースがドバっとかかり、豪快&ゴージャス。思わずビールをおかわりし、食らいつく。くーっ、このガーリックの香りとシュリンプのプリプリとした食感と味がビールにぴったりでたまんないぜ。


 そして探偵の大好きなお肉は「串焼き5種の盛り合わせ」。鶏もも肉はピーナッツソース、シルキーポーク肩ロースとししとうの豚巻きはジンジャーソース、鶏軟骨つくねはサルサソース、そして牛中落ちカルビは、そのままで。というのがお店のオススメ。勧められたものを素直に食べる探偵。なるほど。甘い脂の豚肉はジンジャーソースでさっぱりと、そして淡白な鶏は濃厚なピーナッツソースにライムとパクチーをトッピングすることで、さわやかな中にも甘さと塩気が鶏のウマ味をアップ。何事にも理由があるのだね。


 ドリンクはパイナップル半分、さらにはメロン半分を生絞りするパンチのきいたサワーをはじめ、料理を引き立ててくれるものがそろう。アジアの市場の活気を堪能しながらエスニック料理がたらふく食べられる店に認定!

「NIJYU−MARU〜Oriental Market& Bistro〜 新宿西口店」

【住所】新宿区西新宿1-16-11 AIビルB1F【TEL】03-5325-4560【営業時間】11時30分〜15時、17〜24時【定休日】無

This article is a sponsored article by
''.