クリスマスまで残り1週間。皆さんはどのように過ごす予定でしょうか?
家族と家でゆっくり、職場や学校の仲間とパーティー、はたまたカップルで過ごす、なんて声が編集部からもちらほら。
一方、筆者の如く、まだ予定が埋まってない方もいるのでは?
そんな方々へまだ間に合う、クリスマスの過ごし方ベスト3を紹介します。

ヨーロッパの伝統を東京で味わう、クリスマスマーケット!

ドイツやオーストリアではクリスマスの時期になると、Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)、いわゆるクリスマスマーケットが伝統的に開催されています。
クリスマスマーケットは、日本の縁日のように食事や土産の出店がクリスマスツリーを中心として並びます。
日本でも近年、大阪や北海道などで開催されており、日本人にも徐々に馴染みのあるイベントとなっています。
東京各地でもクリスマスマーケットが開催されています。
その中でも今回は、六本木と今年初開催の日比谷をピックアップ。
六本木では世界最大とも言われる、シュツットガルト(ドイツ)のマーケットを再現。1000を超す雑貨屋とドイツ料理屋が並びます。
日比谷公園では出店の他に、ステージパフォーマンスも開催されます。
都心で働く皆さんも仕事帰りに寄ってみては?

聖夜に港町でライトアップを堪能!

こちらは、横浜のクリスマスイベント。
クリスマスイブにみなとみらいのビルが一斉にライトアップするイベントです。
ライトアップを見た後に、近くの中華街や遊園地、赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに寄るのはいかが?

一部で話題!”ぼっち”のための祭典、ボッチボウル

こちらは名古屋のボウリング場で開催予定のクリスマスイベント、”ボッチボウル”。
名前から想像できるように、クリスマスイブを一人で過ごす方々がボウリング場に集まり、共にボウリングを楽しむイベントです。
コンセプトは、”より多くのぼっちにご来場いただき、寂しさを共に投げ飛ばす”だとか。
更には、”ぼっち”でない方も参加は可能の模様です。
参加料は基本無料なので、検討をしてみては...?

This article is a sponsored article by
''.