画像: 「銀座のステーキコース」(7800円)のモモ肉。焼く前に見せてくれる

「銀座のステーキコース」(7800円)のモモ肉。焼く前に見せてくれる

 TOKYO HEADLINE紙上で好評連載中の「今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵」から、今回は少し冒険して大人の町“銀座”でステーキ店をご紹介。

「銀座のステーキ」(銀座)

 おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?

“最高級A5ランク和牛”“銀座”“目の前で焼いてくれる鉄板焼きレストラン”。皆さんは、この3つからどんなワードを連想しますか? とのっけからクイズ形式になってしまったが、探偵はこの3つから決して連想することのないワードを持つすんごいお店の情報をゲットしちゃったのだ! それは…“食べ放題”。一体どういう事なのか? 調査すべくさっそく銀座へ向かう。


 銀座4丁目の交差点からすぐという、銀座の中の銀座、立地もリッチなところにその店はある。“本当にここなのか?”と半信半疑の探偵。店に入るとピカピカに手入れがされたUの字型の鉄板が2台。とりあえず、A5和牛のモモ肉が楽しめる「銀座のステーキコース」(7800円)をオーダー。2時間食べ放題のゴングが頭の中で鳴り響く。野菜たっぷりのミネストローネなどの前菜を楽しんでいると、シェフがうやうやとこれから焼く肉を持ってきてくれた。赤いお肉に、白いさしが均等に入ったそれはまさに芸術品。それを目の前の鉄板で調理してくれるんだから、もう興奮するでしょ。表面はしっかりと、しかし中はレアに焼き上げられた肉をお皿に盛り付け、周りに粗挽き胡椒+塩、わさび、青森産ニンニクのスライスチップ、玉ねぎスライスを配置。どれも肉を引き立ておいしくしてくれる薬味だ。が、まずは何もつけずに、そのまま味わう。あらかじめ軽く塩コショウがしてあるので、そのままでも十分美味。何度も言うようだが、ここは銀座だぜ、和牛のステーキだぜ、目の前で焼き立てだぜ。もちろん、どの薬味につけてもうまいし、何より味に変化ができるので、どんどん食べられちゃう。ということで、「お代わり!」というと、またお肉を焼いてくれるのだ。まじ、このシステムすごい…。焼き上がるまでは、「しゃぶしゃぶ」とか「すき焼き」といえば、小鉢に入ったそれらが出てくる。いってみればわんこそば的な?


 とにかくこんなにおいしい牛をこんなにたくさん堪能したのは初めてだ。さすがの探偵も「もう…ギブ」と言うまで、肉を食べつくした。締めのガーリックライスもおこわのようなモチモチとした食感で、別腹にすんなり収め、ふー満足じゃ。最高級の肉を最高級な雰囲気で気軽に食べられる店に認定!

画像: 1.コースの肉を目の前で焼いてくれる。2.わんこそば状態のすき焼き 3.こちらもお代わり自由のしゃぶしゃぶ

1.コースの肉を目の前で焼いてくれる。2.わんこそば状態のすき焼き 3.こちらもお代わり自由のしゃぶしゃぶ

「銀座のステーキ 銀座中央店」

【住所】中央区銀座5-9-1 銀座幸ビルB1F【TEL】03-5537-3420【営業時間】ランチ 11〜16時(L.O.15時)、ディナー 16〜23時(L.O.22時)【定休日】年末年始【URL】 http://www.ginzano.jp/steak/

This article is a sponsored article by
''.