現役選手から子供たちに直々指導

今年で22回目となるこのチャリティーキッズベースボールスクール。
今年日本一となったソフトバンクホークスの工藤公康監督をはじめ、
高木勇人(巨人・投手)、高木勇人(巨人・投手)、河野元貴(巨人・捕手)、辻東倫(巨人・内野手)、大累進(巨人・内野手)、鈴木尚広(巨人・外野手)、隠善智也(巨人・外野手)、織田淳也(スーパーサブ)の多くの選手たちが先生となり子供たちに野球教室をやった。

画像: 現役選手から子供たちに直々指導

どんなことやるのか???

はじめにキャッチボールなど基本的な指導から入り、そのあとポジション別に
指導が行われた。ポジション別練習が終わると、各チームの代表バッターとプロの投手との対戦が行われた。1本でもプロからヒットを打ちたいバッターは、チームメイトからの大きな声援を受けながら思い切りバットを振っていた。そして子供たちお楽しみの抽選会。
各選手のサイン入りグローブ、帽子、バットなど多くのプレゼントが手渡され、抽選に当たった子供たちは大喜びであった。

画像: 選手によるポジション別指導

選手によるポジション別指導

画像: 選手と対決

選手と対決

画像: どんなことやるのか???

This article is a sponsored article by
''.