画像: ラジオで日本を元気にする番組『JAPAN MOVE UP』第142 /143回12.19 OA、12.26 OAより

ラジオで日本を元気にする番組『JAPAN MOVE UP』第142 /143回12.19 OA、12.26 OAより

 この番組で長くマンスリーゲストを務めていただいた工藤さん。昨秋、福岡ソフトバンク・ホークスの監督就任にあたり番組を「卒業」、というか「しばらくお休み」していただいたのですが、今オフ、いい知らせを持って番組に遊びにきてくださいました。パ・リーグ優勝、そして日本一おめでとうございます!!


 まず今シーズンを振り返ってください。
「オールスターまではそんなに“長いな”と思うことはなく、自分がやるべきことを淡々とやってきたという感じはあったんですが、オールスター以降、どんどん貯金を増やしていたころから一日一日が長く感じたり、1試合1試合ちゃんと戦わなきゃいけないな、と思う気持ちが強くなりました。でもすごく充実した1年でした」


 テレビで見ていると、何かをノートに書き込んでいます。工藤ノート?
「工藤ノートというよりもスコアブックなんですよ。余白に選手の調子だとか、その日の反省点などを書いていたんです。選手がエラーしたりとかしたときは、気がついたことを書いておいて、コーチとのミーティングで伝えて、翌日の練習で直してもらうということをしていました」
 今年の流行語になったトリプルスリー。ソフトバンクの柳田選手とヤクルトの山田選手が達成しました。


「山田君はいいバッターですよ。練習を積み重ねてこないとなかなかああいう打球は飛ばないのかなと思います。ホームの試合前は十何種類のティーバッティングをやっているという話も聞きましたが、それも努力があってこそなのかなって思います。柳田の場合はフルスイング。パワーでボールを運んでいく。フルスイングしてあそこまでボールに当てて飛ばせるというのは、やはりバットを振って、打ち込んで打ち込んで作った技術ではないかと思うので、そういう努力もしていたんだなと思うとすごいなと思うんです」


 思っていたことと違ったことは?
「知らないということが逆に自分を動かす原動力になってくれました。知らないがゆえに、自分で選手とコミュニケーションを取っている間にどんどん自分のイメージが膨らんできて、それが最終的にシーズンを通してしっかりできたということが一番大きかったかと思います」

そして2回目の放送。福岡での優勝パレードには35万人が来ました。
「すごかった。“このために1年やってきたんだな”って感じがすごくありましたし。ずっと手を振っていると疲れるんですよ。でもオーナーもずっと手を振っていらしたので素晴らしいなと思いました」


 福岡のファンは熱い。ファンの活気は感じます?
「感じますね。ヤフオクドームで常に満員のお客さんのなかでプレーさせていただいていますし。今年でいうと真っ黄色の中でやらせてもらった。そういう意味では試合が始まる前から圧倒的に有利な状態で始められたというのは選手たちにとっても“よし、行くぞ”という気持ちになりますし、ああいう中だと1、2点負けてても、相手は勝っている気分になれなかったんじゃないかと思うんです。だから劣勢の試合でも追いついて最後に逆転サヨナラで勝つという奇跡というか、そういうことも起こるんじゃないかと思いますね」


 理想的なオフの過ごし方は?
「結局、選手もコーチも監督も野球を忘れることはなかなかできないので、野球のことを考えながら来年のことをイメージしてオフを過ごせばいいかなと思いますし、その中で自分がリラックスできることがあればいいというふうに思うので、野球のことを忘れようと思う必要性は僕はないのかなとは思いますけどね」


 工藤さんの一番のリフレッシュは?
「寝ることです。ゴルフは久しぶりにやったんですが、全然ダメだったので、ゴルフもそろそろ終わりかなって(笑)。後は映画が好きなので見に行こうとは思っています」


 来年に向けて。
「V2を達成すると誰しも次は3連覇だとなる。それは選手も分かっていますし、僕自身も2連覇をした瞬間に、次は3連覇ということはしっかりと理解しているつもりなです。他の球団もホークスをつぶせというふうに思ってくるのは間違いないので、それで勝つのは難しい。だから今のままでいるのは後退になってしまうので、より自分を変えて、強くして選手には頑張ってやってもらいたい。2月1日から戦いは始まります。球団一体となって3連覇に向けて頑張ってやっていきたいと思います」

ラジオで日本を元気にする番組『JAPAN MOVE UP』

毎週土曜日21時30分〜 TOKYO FMで放送中!
ポッドキャストも配信中!! 未公開音声もノーカットでお届けします!! 
http://www.jfn.co.jp/moveup/

This article is a sponsored article by
''.