地方創生 ×TEAM2020 渋谷から日本を元気に

 日本を元気にするために、各市町村が行っている取り組みを紹介する不定期連載。JAPAN MOVE UPの総合プロデューサー・一木広治が、さまざまなキーマンに鋭く迫る集中企画。新年1回目は渋谷の若きリーダー、長谷部健 渋谷区長が登場。東京随一のメジャースポットにして、東京カルチャーをけん引する渋谷が目指す理想像とは。

画像: 地方創生 ×TEAM2020 渋谷から日本を元気に

2016年の渋谷区の重点政策をお聞かせください

「2016年度の政策についてはまだ具体的なお話はできないのですが、いろいろなことがスタートする年になるだろうと思います。例えば、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて宮下公園が新たな都市型立体公園として生まれ変わることが決まりました。2016年からその整備事業が始まってくると思います。他にも、2002年まで道玄坂と文化村通りで行われていた歩行者天国を復活させようというアイデアがありまして、検討し始めたところです。子育てについてもハード面の充実に加え、幼児教育についての質も高めていくことができればと思っています。変化していく社会に対応するためにも、柔軟な発想や応用力、創造力といった力を引き出す教育が、幼児に限らず重要。その指針は渋谷区の教育大綱にも盛り込んでいます。このように2016年はいろいろなことが変わるきっかけの年になると思います」

パートナーシップ証明をはじめ多様性を尊重する街づくりを進めておられます。障がい者へのサポートやパラリンピック支援について渋谷区の取り組みを教えてください

「渋谷区では、国立代々木競技場でウィルチェアー(車いす)ラグビーとバドミントンが、東京体育館で卓球が開催される予定なので、それらの種目を中心にパラリンピックをしっかりと応援していくつもりです。障がい者をサポートするだけでなくマジョリティーの意識を変えることも重要です。パラリンピアンの話を聞くと、世界の中でもロンドン大会が最高だったと言う方がとても多いんですね。ロンドンのマジョリティーが持つ意識や街としてのホスピタリティーが素晴らしかった、と。マイノリティーに寛容であることは、成熟した都市の条件だと思います。ロンドンを一つのベンチマークに、渋谷区なりにパラリンピックを盛り上げていきたい。それにはまず多くの人にパラリンピックの試合を見てもらいたいと思っています。私もそうでしたが、彼らアスリートのプレーを実際に見たら感動せずにはいられません。障がい者支援といってもどう手を貸したらいいか分からないという人は多いと思います。でもスポーツを通して感動を分かち合うことで“一緒にやる”ことが大事だと気づくと思うんですね。そういう意味でもパラリンピックは、障がい者に対する意識を変える、一つのきっかけになるはずです。今考えているのが、スクランブル交差点でパラリンピック種目のデモンストレーションができないかな、と。あそこは海外の人にも知られた場所ですし、YouTubeにアップしたりすれば、多くの人の注目を集めるはず。そのように渋谷の持っているリソースをうまく活用しながら、パラリンピックや障がい者に対する意識を高めていきたいと考えています」

渋谷は海外から来る観光客にも魅力的な街として知られています

「私が区長として就任した際、ロンドン、パリ、ニューヨーク、渋谷区と言われるような街づくりをしたい、と申し上げました。都市力競争をしたいということではなくて、いろいろな分野において、それらの街に並びたい。世界の先進都市のいいところをどんどん取り入れていきたいし、逆に渋谷の良いところを発信していきたいのです。渋谷は常に人が集まってくる街でもあります。ハロウィーンやワールドカップのときなど黙っていても人が集まってきます。騒ぎになるから禁止するのではなく、そういう盛り上がりを生かすのが渋谷らしさだと思う。秩序を作りながら、他の街とも連携して地域活性につなげていくことができれば素晴らしい。海外から来た人も大抵、一度は渋谷に来るんです。スクランブル交差点を見に(笑)。だからまずは渋谷に来て情報をゲットし、他の街や地方にも足を運んでもらうのもいい。渋谷・新宿・池袋のようなターミナル駅で共通のキャンペーンをやるのもいいですね。地域振興というと地域同士の競争になりがちですが、必ずしも競うのではなく協力しながら一緒に盛り上がっていけないかと、他の区長さんたちとも話はしています」

最後に読者にメッセージを

「世界的な流れ同様に、渋谷もまた自然と多様化し、それに寛容な街になっていくと思います。とはいえ渋谷は常に最先端でありたい。その感度の良さこそ渋谷の大きな魅力です。渋谷に暮らす人、働く人、遊びに来る人…みんなで一緒に、いち早く動き出しましょう」

画像: マイノリティーへの寛容さは成熟した都市の必須条件、と長谷部区長。2020年に向けて渋谷区としてパラリンピックを盛り上げたいと語る。

マイノリティーへの寛容さは成熟した都市の必須条件、と長谷部区長。2020年に向けて渋谷区としてパラリンピックを盛り上げたいと語る。

長谷部健(はせべ けん)

1972年渋谷区生まれ。専修大学商学部卒業。広告代理店・博報堂を退社後、ゴミ問題に関するNPO法人green birdを設立。2003年に渋谷区議に当選。以後3期連続区議を務め、2015年4月に渋谷区長に無所属で立候補し当選。渋谷区パートナーシップ条例制定などでも話題に。

This article is a sponsored article by
''.