近年幅広い世代でのジョギング人気の向上により、各地で数多く開催されているマラソン大会。一度は参加してみたいと思いつつ、どれくらいのレベルなのか?趣味で少し走る程度でも参加して良いのか?など不安がありなかなか参加に踏み切れない方も多いのではないでしょうか?そこで、僕は先日皇居で行われたYOYOGI FUN RUN COMMITTEE主催の「第47回 皇居cityマラソン ~New Year ラン~」に参加してきたので、その模様をお伝えしたいと思います。この大会は個人参加の5kmの部、10kmの部、15kmの部、20kmの部、そして1周(5km)×4人の20kmリレーの部があり、僕は1周(5km)×4人の20kmリレーの部に参加しました!

大会の流れ

 前述の通り、様々な場所で数多く開催されているマラソン大会。そのため大会によって仕組、規則、流れなども様々かと思いますがここでは一例として今回参加した大会の流れを紹介したいと思います。参加までの流れは簡単に言うと以下のスリーステップです。
1、申し込み
2、当日の受付
3、走る
具体的には、今回の大会の場合、申し込みの期限が約2週間前まで、当日の受付が実際に走る1時間から30分前あたりに行われてゼッケンなどを受け取り、そしてスタートラインに並んで走る、というかたちです。これに加えて走る前には簡単な説明を含めた開会式、そして走った後には上位チームの表彰などがあります。ちなみに、僕たちのチームは4位で惜しくも表彰を逃してしまいました笑。

画像: 大会の流れ

実際に走ってみて

 参加人数は、個人参加の各距離に50人程度ずつが参加しており、リレーは10チームが参加していました。これらの人数が走る種類別に定められたスタート時刻にスタートして同時に走っているのですが、皇居の周回コースの道幅、長さにちょうど良くあった人数で、常に自分の前に人が見えながらも走りにくさを感じることもなく、気持ち良く走ることが出来ました!レベルとしては、どの種目においても、とても速い人から、ゆっくり走る人と様々で、性別、年齢も幅広い、という印象を受けました。また、マラソンのグループなどで同じユニフォームを着てわいわい参加する方も、一人で参加している方もどちらもいました。つまり、定期的にトレーニングを積んでいる運動に自信のある男性から運動不足を解消したい!といった女性の方まで、どなたでも参加し楽しめるのではないかと思います!

楽しんでもらうための運営側の取り組み

 今回の大会では、走ること以外にも大会を楽しんでもらうための工夫が感じられました!それは抽選と参加賞です。前者は開会式の時に、参加者が一人一つ付けているゼッケンの番号を使った抽選で、当選者はそのマラソン大会の協賛企業の賞品などが貰えます。なんと運良く僕達のチームも抽選のうちの一つに当たり、皇居近くにあるランナー向けの施設の無料招待券を4枚頂きました!後者については、以下の写真にあるようなブランケットなどを完走後に頂きました。

画像1: 楽しんでもらうための運営側の取り組み

画像2: 楽しんでもらうための運営側の取り組み

 さて、マラソン大会のイメージが少しは湧いたでしょうか?前述の通り、性別、実力問わず、様々な年齢層の人が楽しんで参加しているマラソン大会。今回参加したような距離が分かれているものはフルマラソンのものよりはるかに参加しやすいと思うので、少しでも走ることに興味がある方は是非一度参加してみてはいかがでしょうか?

This article is a sponsored article by
''.