画像: 八太栄里《さがす》2015

八太栄里《さがす》2015

 新進気鋭のアーティストを紹介する連続企画。『VOL. 3 ーFrom Westー』では、関西圏出身の2アーティストを紹介。


 八太栄里は1989年、京都府生まれの作家。2011年に大阪デザイナー専門学校研究科イラストレーションコースを卒業後から、関西圏で個展・グループ展に参加。近年はThe Artcomplex Center of Tokyoで個展を行い、東京でも好評を得ている。その作品は一見、スナップ写真のような日常のリアルさをたたえながらも、どこかに非日常が存在する違和感が、見る者を引きつける。


 山際マリは1971年生まれ、京都府在住の作家。関西を中心に展覧会を行っている他、海外書籍の挿絵や画集にも取り上げられている。一目でシュールレアリスムの世界に引き込まれる、氾濫する色彩と印象的なモチーフたち。作家の世界で、自らのイマジネーションを遊ばせてみたくなる。
“新、アーティスト”といいながらも、その完成度と魅力は見ごたえ満点。関西で活躍中の旬な才能に注目を。

画像: 山際マリ《connection with the new world》2015

山際マリ《connection with the new world》2015

新、アーティスト展 VOL. 3 —From West—

MASATAKA CONTEMPORARY 2月20日(土)〜3月19日(土)

【時間】11〜19時【休】日月祝【料金】入場無料【問い合わせ】03-3275-1019【交通】地下鉄 日本橋駅B3出口より徒歩1分【URL】http://www.masataka-contemporary.com/

This article is a sponsored article by
''.