画像: ロマンスカーのアテンダント物語『ロマンス』

 大島優子のAKB48卒業後、初主演作としても話題を呼んだハートフルムービー。海外の映画祭でも評価の高いタナダユキ監督が『百万円と苦虫女』以来、7年ぶりのオリジナル作品で大島とタッグを組んだ。大島が演じるのは、一見しっかり者ながら、母親との確執を抱えて生きていた主人公・鉢子。思わぬ小旅行に巻き込まれながらも、一歩踏み出していくまでの鉢子の変化を、繊細な芝居で演じ切った。旅の相棒となる、訳アリの中年男・桜庭役に個性派俳優・大倉考二。大島とのテンポ良い掛け合いも見どころ。


 新宿・箱根間を往復するロマンスカーのアテンダントとして働く鉢子。ある日、音信不通だった母からの手紙を、怪しい乗客・桜庭に読まれてしまい、なぜか一緒に箱根の景勝地を巡りながら母を探すことに…。

販売元:東映株式会社 発売中
通常版DVD 3800円(税別)

This article is a sponsored article by
''.