画像: 「生シラスと生桜えびと静岡地酒セット」(沼津魚がし鮨/キッチンストリート)(写真上) 「華祭ちょい呑みセット」(華祭/北町ダイニング)

「生シラスと生桜えびと静岡地酒セット」(沼津魚がし鮨/キッチンストリート)(写真上)
「華祭ちょい呑みセット」(華祭/北町ダイニング)

 東京駅構内の商業施設「グラングルメ」(2F 北町ダイニング、1Fキッチンストリート、B1F 黒塀横丁)は、2月24日(水)〜3月8日(火)期間限定で冬のさなかに満開を迎える山形県の早咲き桜「啓翁桜」の枝約4000本を館内装飾に使用した「啓翁桜お花見ちょい呑み祭」を展開する。


 期間中は、専用の「ちょい呑みチケット」(3枚綴り・税込3000円)を利用することで、参加する24店舗の人気料理とおすすめのお酒がセットになった限定の“ちょい呑みセット”をはしご酒で楽しめる(各日17時から提供)。また、桜と一緒に写真が撮れる撮影スポットも用意。ひと足早い花見酒で、春の気分をつかの間味わって。


 なお、チケットは25日(木)までの17〜21時の間、黒塀横丁内のチケット販売ブースで購入できるほか、フェア期間中の17時〜閉店までの間、参加店舗各店でも購入可能。

This article is a sponsored article by
''.