インタビュアー:玉川洋輔
1stシングル「 雨 」発売中!
二度と繋がれない君を想い続ける…もう叶わないとわかっていても。儚くも切ない極上のバラードソング。【価格】3曲入り ¥1000(税込)
Ameba:http://ameblo.jp/0912yosuke1225/
facebook・Twitter ・Instagram:玉川洋輔で検索

on Starting Point ― SOLEILのはじまり―
「僕たちなら高い壁を越えていける」

玉川:SOLEILはバイオリンとヴォーカルからなるユニット。ヴォーカルはSolLa(ソラ)さん、バイオリンは以前このコーナーにも登場していただいたSHOGOさんです。2人がユニットを組むことになったきっかけを教えてください。
SHOGO : ファーストコンタクトは、大阪のストリートですよね。場所がたまたま一緒になって。
SolLa:隣りでやっていっていいですかっていうから、どうぞって。そしたら、普通は2〜3メートルは距離を置くんですけど、SHOGO君は真横で準備を始めて、僕の看板の横に自分の看板を立てだすような勢いで。なんだこの人、距離感近いやつだな、って思ったのが最初の出会いで…(笑)。それから大阪でストリートライブをするときは一緒にやるようになって、僕がSHOGO君のCDの物販を手伝い、SHOGO君は僕のワンマンライブの集客を手伝ってくれました。そのうち、お客さんから2人でやってるCDはないのかって言われるようになって。でも僕は、ワールドデビューも決まっているSHOGO君の隣りに立つ資格はないと思っていたんです。 しかも、そのタイミングで僕が開催を決めていたワンマンライブに目標人数が集まらなかったら、音楽を引退するとまで宣言していたんです。それが、なんとワンマンライブで目標の200人分のチケットが完売。その時に、ストリートでSHOGO君と出会ってから2人でコツコツとやってきた光景が頭の中を巡り巡って。そんな日々の中で生まれた2人の想いが「SOLEIL」の結成へと繋がったと思います。
SHOGO : 本当に短い時の中で、濃い時間を過ごしてる。そんな僕たちなら、これから立ちはだかる高い壁だって越えていけると思っていますよ!
玉川:2人はSOLEIL以前にユニットの経験がありますけど、それを踏まえて、SHOGOさんとSolLaさんだからできると思うことはありますか?
SHOGO:本当に近い将来、2人で大阪城ホールに立ちたいと思っています。
玉川:それは大きいですね!

画像: on Starting Point ― SOLEILのはじまり― 「僕たちなら高い壁を越えていける」

on the very First Show ― 初ワンマンに向けて―
「ライブハウスで一番のライブをしたい」

玉川:着実に夢や目標を叶えつつある?
SHOGO:僕の一番の夢って、ストリートから世界にいくこと。それを考えると、夢がひとつ叶ってる。ストリートで出会った人からの案件で海外公演が決まったり、アジアツアーも決まったから。次はヨーロッパ。いつかSOLEILで行けたらいいなと思っています。
SolLa:夢を歌い、夢を語っているけれど、そこに聴いてくれる人がひとりでもいたら、それはもう僕たちのものだけじゃなくなるんです。僕の夢が、SOLEILの夢になり、聴いてくれる人みんなの夢になっていく。自分の夢が自分ひとりの夢でなくなった時から、本当の夢になるんじゃないかって思うんです。SHOGO君はそれを一緒にできる相手、そう思うんだよね。
玉川:5月に初のワンマンライブが決定。会場は大阪のなんばハッチです。
SHOGO:僕らの音楽を聴いてくれる人は小さな子供から70歳を超えた方たちもいるので、座席を入れて約700席。でも、この人(SolLa)とだったら埋められる気がするし、できるところを見せつけたい。だけど、何よりもさ、出会ってくれた一人ひとりの人、ストリートライブを聴いてくれた人、みんなが後押ししてくれたからこそ、挑戦できることなんです。一番のライブをしたいと思ってます。
SolLa:ストリートで歌ってるミュージシャンが、ライブハウスでチケット代をいただいてライブをやるっていうのは、ちゃんと聞いてもらえるスタイル、届けやすいスタイルでってことだと思います。SHOGO君と音楽をやると楽しいということは忘れずにやりたいです。楽しむ僕らにお客さんが反応してくれること。それだけで最高です。
SHOGO:フルバンドで、ストリングスも入っていて……すごいですから!

画像: 写真左よりSHOGO、SolLA

写真左よりSHOGO、SolLA

SOLEIL(それいゆ)プロフィル

 2015年11月1日結成。ゴスペル出身の力強くも優しい歌声で聴かせるボーカルリストのSolLa(そら)と岡山が生んだ天才バイオリニストSHOGO(しょうご)の1ボーカル1バイオリンユニット。
 太陽の意味を持つユニット名の由来は「みんなの明日への希望、目標、生きる力になれる音楽を」を意味している。結成数カ月にして関西で有名なライブハウス「なんばHatch」にてワンマンライブが決定。また、バイオリ二ストSHOGOは今年念願であった世界デビューを果たすなど、勢いの止まらないいまだかつてないユニット。

初の単独公演『DREAM』開催決定!
【日程】5月30日(月)18時開場 19時開演【会場】なんばHatch(大阪)
【料金】前売り3000円 当日4000円
※チケットは、路上ライブ、その他ライブ開場での手売り販売、もしくはMailでのチケット取り置き予約、郵送で販売。メールでの連絡は( soleil.sv2@gmail.com )で。

This article is a sponsored article by
''.