画像: “世界初”数十種類の鉱物を練りこんだ新素材

 休養・睡眠時専用のリカバリーウエアを開発・販売するベネクスは、ナノプラチナなど微弱な電磁波を発する数十種類の鉱物を練り込んだポリエステル素材に、綿を50%の割合で混合した特殊繊維「PHTスーピマコットン」を新開発した。その新素材には最高級品質のコットンとして知られる米国産のスーピマコットンを採用、柔らかく触り心地のよさを実現。今回、その新繊維を使った寝具系商品とラグジュアリーウエアの新シリーズ「スリープ」と「コンフォート」を発表。100%ポリエステル素材では難しかった、生地の風合いや肌ざわりの心地よさを追求した商品を展開する。「スリープ」シリーズはガウンやパジャマ、枕カバーなど寝具系商品8型(22商品)を、「コンフォート」シリーズはカーディガンやワンピースなどラグジュアリー系ウエア19型(46商品)を発売する。

This article is a sponsored article by
''.