2016年3月29日都内にて、JAPAN MOVE UP! TEAM2020一木塾とTEAM2020学生ネットワーク合同勉強会セッションが開催されました。今回のゲストは、オリンピック・パラリンピック組織委員会、雑賀総務局長様にご参加頂き、貴重なお話を色々とご講演頂きました。今回は勉強会の内容をレポートしていきます。

画像: 【東京だけじゃなく、全国・地方と連携‼︎】2020オリンピック・パラリンピックについてのTEAM2020一木塾とTEAM2020学生ネットワーク合同勉強会 レポート

2020年オリンピック・パラリンピック大会概要

画像: xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com

xn--y8j2c012k2bd22hg8kjyj.com

開催時期

オリンピック 2020年7月24日(金)〜8月9日(日)
パラリンピック 2020年8月25日(火)〜9月16日(日)・22競技

暑い時期に開催が予定されているオリンピック、熱中症対策なども重要視されています。また施設に関しては、自治体も含めて、既存のスポーツ会場を活かすことのできる、競技会場の見直しが進められている模様。

注目 追加種目について

スケートボード・スポーツクライミングなど都会でも楽しめるスポーツ、
サーフィンといった、若い世代に人気のスポーツの追加もされます。

グローバルな時代こそローカルとの連携、 オールジャパンの展開

画像: グローバルな時代こそローカルとの連携、 オールジャパンの展開

内閣府のホストタウン構想

自治体は、自ら事前キャンプの開催場所として選手を誘致することが可能なことは皆さんご存知でしょうか。ホストタウンとして参加国の選手と人的・文化的な相互交流を持つことで、当該開催地域も盛り上がることが期待できます。

文化プログラム

スポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあるオリンピック。大会に際し実施される公式行事としての関連文化事業である文化プログラムがあります。日本最高の芸術品を世界に紹介することを目的に掲げられ、前の大会が終わってから4年間開催できるようになっています。ロンドンオリンピックではイギリス全土で実に18万件のプログラムが実施されました。日本で開催される文化プロジェクトも楽しみですね。

最後に

1時間半の公演は終始白熱し、オリンピックについての知識に乏しかった筆者もその現状を知ることができました。 また、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、どの様に日本を盛り上げて行くことができるか、自分達一人ひとりに何ができるかなど考えるもるきっかけとなるものでした。
その後の懇親会でも活気溢れる楽しく有意義な時間を過ごしました。
雑賀総務局長、一木社長、またご参加頂きました皆さん、ありがとうございました!

画像: TEAM2020一木塾とTEAM2020学生ネットワーク 懇親会の様子

TEAM2020一木塾とTEAM2020学生ネットワーク 懇親会の様子

This article is a sponsored article by
''.